夢うつつ

夢うつつ

作者名 :
通常価格 580円 (528円+税)
紙の本 [参考] 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

霧で視界が遮られる中、邦彦はタクシーで自宅へ戻ろうとする。けれどその運転手は死んだはずの幼馴染で(「どっちだ?」)――「どんな慎ましやかな、地味な生であったとしても物語の宝庫となりうる」というあさのあつこが、新たに試みた意欲作。日常生活の一場面を綴ったエッセイから一転、現実と空想が交錯する物語が展開される、6つの連作短篇集。ファンタジックで哀しく愛おしい作品群は必読!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年03月07日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

夢うつつ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月16日

    あさのあつこ連続。エッセイと対になる短編のセットのちょっと変わった本。個人的には短編は面白かったけど、エッセイ部分は「ああ、そういうアイデアからなのかー」という、「ふーん」的な感想のみ・・・。
    自分で小説書く人には興味深い体裁なのかも?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    No,6やガールズブルーを読んでいましたが、ここ数年ん離れていたので、久しぶりにあさのあつこを手にとってみました。
    今まであまり考えたことのなかったあさのさんの人柄にも触れられてよかったなぁ。現実と夢の交錯、すごく素敵です。
    現実と空想の世界はほんの一枚の薄っぺらい紙程度の隔たりもなくつながってるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月23日

     現実と物語の交錯。実力がある作家だからできるんだなと、じみじみ。

     短編集なので、一つ、一つ、味わいながら読めるのもいいな。

     日常と現実を上手にクロスさせているのはやはり凄いなと思う。
     個人的にはレンゲ畑の話が好きだな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    エッセイと短編が一緒になった作品。
    日常のある場面がこんなふうな作品に展開するんだってとても感慨深いです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています