晩夏のプレイボール

晩夏のプレイボール

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

野球を続けがたい現状に抗い、「夏の甲子園」を目指して野球に打ち込む者たち――。高3の夏、肩を壊した元エース・真郷と、過去にトラウマをもつ現エース・律は、心ひとつにして甲子園を目指していた…。(「練習球」)戦力不足に悩む彰浩と信吾の前に現れた転校生の有一は、無口で不器用だが、誰よりも才能豊かなピッチャーだった…。(「このグラウンドで」)他、「夏の甲子園」をめぐるドラマを描いた、10の傑作短編。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

晩夏のプレイボール のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月27日

    成就しなくても、甲子園に憧れる少年たちには様々なドラマがある。情景描写、心理描写の巧みさに魅せられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月07日

    高校生の夏は、3回しかない。
    チャンスは3回だけ。
    そして夢の舞台への切符はいつも49枚。

    目指すところは1つ。
    そのうちの1枚を!

    それでも、迷いがないなんて事は無いのだ。皆それぞれの人生の中に、白球以外にも大切なものを持っているから。

    熱闘甲子園で号泣する人はぜひ読んでください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月20日

    夏にピッタリの本。野球に関する短編集だけど、野球と登場人物の関わりは三者三様。
    胸が熱くなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月25日

    短編も本当に上手です。
    おそらく野球はやったことのない作者が
    これだけ書けるってどういうことだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月05日

    甲子園をめぐる10のお話。
    甲子園に挑もうとしている人、挑戦さえ許されない人など立場や状況は違えど、どのお話にも心を揺らされてしまいます。
    あさのさん×野球は無敵ですね!!
    何度も読み返したくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月06日

    同作者の「敗者達の季節」を読み終えた後、本屋で手にした一冊。
    野球というスポーツを通じて、これだけの人間ドラマが書けるのだということを証明してくれていて、とても励みになる。こうなってくるともう、可能性なんて無限にあるのだと言われているような気さえする。
    野球で盛り上がるシーンってのは大体相場が決まっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月01日

    それぞれの人の甲子園の短編集です。あさのあつこの甲子園ものには珍しくラブコメな話も数本あって満足しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月25日

    面白い。
    しかも、夏にはピッタリ。

    青春の匂いが漂ってくる。
    また、(評価がわかれるかもしれないが)独特の修辞法も、作品に華を添えている。
    著者の普段の作品とは違って短篇集なので、人によっては読みやすいかもしれない。

    一点だけ難を言えば、この年頃の子が使う可能性が低い言葉が度々出てくる点だろうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月13日

    高校野球にまつわる短編集。甲子園のグラウンドに立つ人、甲子園を目指す人、かつて甲子園に立った人、甲子園を観る人、高校球児を見て野球に興味を持つ人。様々な角度から見た高校野球が楽しめました。 短編集ということもあり、手軽に読める1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月28日

    高校球児や、それを取り巻く人たちから見た夢の舞台、甲子園を題材にした短編集。


    少し切なくもあり、どこか懐かしく心があたたかくなった。

    野球というものを通しての人と人との関わり合い、心の動きに野球観戦をしているときと同じ様な感覚を覚えた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています