複合汚染
作者名 :

1巻配信中

価格 907円 (税込)

工業廃液や合成洗剤で河川は汚濁し、化学肥料と除草剤で土壌は死に、有害物質は食物を通じて人体に蓄積され、生まれてくる子供たちまで蝕まれていく……。毒性物質の複合がもたらす汚染の実態は、現代科学をもってしても解明できない。おそるべき環境汚染を食い止めることは出来るのか? 小説家の直感と広汎な調査により、自然と生命の危機を訴え、世間を震撼させた衝撃の問題作!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

複合汚染

Posted by ブクログ 2017年10月06日

この本は 昭和40年代後半から50年代前半 朝日新聞に掲載された連続小説で当時社会問題となっていた環境汚染をうまく伝えている。当時話題の小説だったわけで  自分が育った時代 戦後の高度経済成長期の真っただ中 複合汚染の中だったことに検めて知って驚く。 自分がこんなに無知だったとは・・・。あらゆる分野...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2017年06月15日

すごい本だった。約40年前に発表された、環境汚染に関する本である。発表当時は社会にかなりの衝撃を与えたに違いない。
朝日新聞に連載され、小説という形態をとっているものの、作者の綿密な調査・研究に基づくノンフィクションである。日本人を取り巻く、大気、水、土の農薬や化学物質による汚染に警鐘を鳴らしている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2015年05月06日

題名からあまり関心を惹かないものだった。読んでみて、衝撃だった。昭和49年に書かれた内容から、消費者の野菜に対する考え方は変わっていない。そのため、有機の野菜が儲からない構造も変わっていない。
火が文明の始まりで、それと同時に虫歯が始まった。
稲を植えた後にタマネギを植えると良い。コンパニオンプラン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2015年04月05日

小説というよりは、ドキュメンタリーに近い。
高度成長期の日本では、環境破壊がすすみ、深刻な問題となっていた。
この作品が注目されたおかげで、各自治体を含めた国の黄河への取り組みが行なわれるようになったそう。
分厚い本ではあるが環境問題に関心のある方にはおすすめ。

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2014年10月08日

高1の頃読んで衝撃を受けた本。
母となり読み返し、より深刻になってしまった今の現状がとても情けなく、悲しく思った。
当時は大人に対して腹を立てていたけど、
大人になって私は何をしてきただろう…?
食べること、使うこと、捨てること…

水に流すにしろ、燃やすにしろ、捨てたものは必ず私たちと子ども達、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2013年03月20日

この作品は、昭和49年に8ヶ月半にわたって朝日新聞の小説欄に連載されたものである。
そこから40年近く経っている現在、あまり状況は変わっていないように思い、愕然とする。
当時も著者のように、食品・環境汚染を危惧していた人がいたのに、どうして改善されないのだろうか。
例えば、ライポンFという台所用洗剤...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2013年03月06日

・便利さと毒性が表裏一体をなしているところに、公害解決の難しさがある。(p.60)
・子供がなければ、やっていない。危険な農薬使っても、楽な方がいい。という言葉ほど私の心に重く響いたものはなかった(p.176)
・フランク婦人「虫食いリンゴを喜んで買うようになれば、消費者と生産者とは利益が一致するの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2012年12月08日

面白い。読みやすい。
公害、環境汚染、農薬、毒etc...にていてのエッセイ。

タイトルにもある複合汚染についても勉強できるんだけど(勉強と聞いて構えないでほしい)、著者の行動力には感化された。←これ大事‼
アンテナを張り巡らし、何でも疑ってかかる姿勢が素晴らしい、憧れるのでこれから私も真似をしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2012年11月04日

政治の舞台から 日本の環境 生活汚染への急速な展開。
それは、政治の意識を持って取り組むことを匂わせている。
科学の進歩によって 人間生活の多様な変化に対して
直視する姿勢。
その変化の中から 矛盾をつぶさに見通す能力を持つ。

健康のひずみ
大気汚染・・・排気ガス 工場の煙
海・・・・・・企業の垂...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

複合汚染

Posted by ブクログ 2012年03月04日

昭和50年代でここまで環境汚染に追求した作品があっただろうか。

前半と後半の流れががらりと変わっていってしまうのはやや残念だが、
後半部分の真に迫った現状を描いていく様は素晴らしい。

この作家の文章の旨さは読んでいて気持ちいい。

このレビューは参考になりましたか?