ハクメイとミコチ 9巻
  • 最新刊

ハクメイとミコチ 9巻

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら?
たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら?
身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……!

育てた野菜がまるまると大きくなってしまう「カボチャとやぐら」、タヌキやアナグマたちと食卓を囲む「大きな集会」、鳥に運ばれて空を飛ぶ「臆病者とズキンガラス」など、最新9巻は「小さなひと」が「大きなもの」を味わうエピソードが楽しめる! さらにふたりの出会いを描いた一篇「出会いと草刈り」も収録。ミコチがまだひとりで暮らしていた頃に突然訪れた“その日”の思い出が、ついに語られます。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2021年01月15日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
118MB

新刊オート購入

ハクメイとミコチ 9巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

     さすがに9巻ともなると登場人物が増えて、誰だっけ?
     となるので、本棚から既巻を取り出して、ついつい一巻から読みふけってしまうそんな物語。
     架空の世界なのに異世界感が無くて、自分が世界に溶け込んで住人になってその場に一緒にいるかのよう。

     巻末の「お前は来んでいいー!」は、個人的な水族館の思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    ファンタジーのようで現実的な、ハクミコワールドは変わらなくて、ゆっくり味わいました。かぼちゃあり、恋愛あり、出会いの記憶あり。
    今回も仕事に対する姿勢や他者への優しい距離感を感じることができて幸せな読後感でした〜…。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    コラムがまた良い!!

    南瓜 2021年01月25日

    第63話、「カボチャと櫓」自分の背よりも大きくなるカボチャを大事に大事に育て、そりゃあ愛着もついつい付けちゃうのも頷けますね〜♪
    その後のコラムでの鰯谷とのやりとりとその後につながる表紙もまた良いですね!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    抱えきれない、おっきな幸せ。

    たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら?
    たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら?
    身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……!

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    呼んでもらって集って楽しく過ごす
    個々は孤独でも何処かに仲間がいるのは幸せ

    好きな事できる事があるのはいいな
    司書さんの本好きいいね
    料理 鉄道もね(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    やぁ、安定して面白いなぁ。市井の人々の交流、新たな視点がまた、紹介されて、奥行が広がる面白さだわ。(今回は視線の大小がイチオシだわ。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    かぼちゃの世話をする話から。

    ハクメイとミコチの出会いや、ジャダの苦手な知人の話とか司書やイワシの休日とか、面白い話が多かったです。
    短いけど読み応えがある話が多くて楽しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    異世界の日常が楽しい作品

    沖田丈 2021年01月16日

    ラブストーリーあり、日常あり、ハクメイとミコチの出会いエピソードあり。目的が無い日常系漫画としてゆるゆると続くんだろうなーって感じ。小人感も強調されたし、ちびっこにもオススメな作品

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    【たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら?
    たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら?
    身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……!】

    一年に一度のお楽しみ(^^)

    今巻も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ハクメイとミコチ のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • ハクメイとミコチ 1巻
    682円(税込)
    ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり……身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。愉快で穏やかな、森の日常劇!
  • ハクメイとミコチ 2巻
    682円(税込)
    昨日は森の喫茶店へ。今日は川辺で魚釣り。じゃあ明日は、岩山へ行って山菜摘みだ! 身長9センチメートルのハクメイとミコチ。自然に抱かれたふたりの毎日は、いつも豊かで賑やかです。漫画誌ハルタで話題沸騰! 森で暮らす小人たちの日常劇、待望の最新刊。人気キャラクター“鰯谷親方”、“コンジュ”、“セン”の再登場はもちろん、個性的な新キャラが続々登場。さらに、沼狸のバス、レモンのお酒、卵の形の美...
  • ハクメイとミコチ 3巻
    682円(税込)
    身長9センチメートルの楽しい生活を描く人気作、最新刊! 森で暮らすハクメイとミコチ。穏やかな毎日、だけどたまには事件も起きる……! 友達のコンジュが誘拐されたり。雨の日に意外なお客がやって来たり。大まじめに戦争ごっこしたり! 魅力的な新キャラが続々現れ、ふたりの世界が大きく広がる第3巻。
  • ハクメイとミコチ 4巻
    682円(税込)
    森で暮らすふたりの小人、ハクメイとミコチ。昼間は仕事や遊びで過ごして、その後は……? ゆっくり、静かに、少しだけ切なく流れる夜の時間。その時にしか見えないものもあるのです。夜汽車、月夜の晩酌、夜更けの珈琲、お祭り前夜など、“夜の愉しみ”が描かれたエピソードを多数収録した、第4巻!
  • ハクメイとミコチ 5巻
    682円(税込)
    ハクメイとミコチのまわりには、たくさんの動物や虫が暮らしています。人間であるあなたがよく知っているネコやサル、キツネにタヌキ。それからクワガタやオオカミ! “彼ら”がこびとの世界で何の仕事をして、どんな事に悩んでいるのか――その様子を覗いてみませんか? 身長9センチメートルのこびとの生活を描くシリーズ、第5巻は魅力的な動物が続々登場! 豊かに描かれる毛並みや表情にも注目です。
  • ハクメイとミコチ 6巻
    682円(税込)
    2018年1月よりテレビアニメも放送開始! 身長9センチの豊かな生活を描く人気作、第6巻! 今巻のテーマは“小さな挑戦”。カナヅチのハクメイは水泳を習い、ミコチは服飾のコンテストに出場します。もちろんふたりだけではありません。研究家のセンも、大工のイワシも、美容師のジャダさんも。いつもの面々が、いつもと少しだけ違う顔を見せる――そんな楽しさが詰まった第6巻。 また、待望の副読本『ハクメイ...
  • ハクメイとミコチ 7巻
    682円(税込)
    身長9センチメートルのハクメイとミコチ。その小さくて豊かな生活を描くシリーズ、第7巻! 入院、節約、行列、お泊り会……彼女たちもするんです。そして「鳥の背に乗る」、「葉っぱのカブトをかぶる」、「キノコの上で寝っ転がる」――これは彼女たち“だから”できる事! 私たち人間と同じ所と違う所、比べて楽しい第7巻! 全10話に加え、販促用のモノクロイラストを集めたオマケページも特別収録。
  • ハクメイとミコチ 8巻
    726円(税込)
    馴染みの店があって、見慣れた風景があって、よく知った仲間がいる。「大切なものがここに在ること」、その幸福を描く第8巻。 美しい一枚絵で綴られた「港町の風景」や、ケモノ男子総出演の「お気に入りの服」、そして“何もない日”の贅沢さを描いた傑作回「退屈と二度寝」など10編を収録。
  • ハクメイとミコチ 9巻
    748円(税込)
    たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら? たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら? 身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……! 育てた野菜がまるまると大きくなってしまう「カボチャとやぐら」、タヌキやアナグマたちと食卓を囲む「大きな集会」、鳥に運ばれて空...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています