課長 島耕作(1)
  • 完結

課長 島耕作(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

島耕作、34歳。肩書き、課長。出世にあくせくする気もないが、新しい椅子の座り心地はなかなか悪くない。島の所属する宣伝部の情報が、ライバル会社に漏れていた。調査を進めるうち、派閥絡みの社内政略にも発展し、島は渦中の発端にいる自分を知る。そして、事件の一因でもある、島にかかわる魅力と才覚を秘めた女性たち。油断してつきあおうものなら、手痛いしっぺい返しが待ち受ける。島課長もご用心!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
91MB

課長 島耕作(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    くろのみーちゃん 2017年05月01日

    読みだしたらとまらない作品ですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    勉強になる

    vgvg 2017年04月24日

    サラリーマンの教本です

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よかった

    ひろし 2017年01月19日

    よかった

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ここから全ては始まった

    strawberry 2020年04月28日

    なんとも、男としてはクズ。夫には、絶対したくない。だけど、ひと昔前のサラリーマンは、だいたいこんな感じだったんだろうなーと郷愁を覚えます。経済成長の著しい古き良き時代ですよね。高度成長期の中、荒波を乗り越えて成功していく様は、清々しいです。
    モーレツ社員!
    サラリーマンサクセスストーリー!
    バブルを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    大手電器メーカー「初芝電産」のサラリーマン、島耕作が課長に内定するところから始まる物語。団塊の世代のサラリーマン生活が描かれる。会社の中の様々なしがらみや、駆け引きなどがなかなか面白い。出世の第一段階として、海外出張と単身赴任を経験する島耕作。これからどうなるのか。
    ところで、彼の妻は怜子という名前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月04日

    現実にはあり得ないストーリー。
    ただ、初の海外出張でも、英会話をなんなくこなすところがカッコイー。
    もう少し、読み進めたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月14日

    つくづく良くできた漫画だと思う。
    特に1巻は、読み切り作品という事もあり、1話1話が非常に重厚。
    軽く読めない事もないが、じっくり味わって読んだほうが絶対美味しい。


    そしてふんだんに盛り込まれるエロシーン。
    話の半分以上にセクロスシーンがあり、
    「なんだこりゃ」「んなわけあるか!」とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    あき 2019年07月18日

    単身赴任すると何でロイヤリティなんだか全く理解できない。娘との約束を平気でスルーしたんだから家族に興味ないと思っていたら 妻に海外赴任同行を断られショックを受けるとか意味わからん。しかも 当たり前のように女を作る。それで家族のために頑張る俺!とか意味わからなすぎる!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    賞味期限切れ

    ぷぷ 2015年03月15日

    もはや昔の、昭和時代のビジネスマンを知ることができる本。
    バブル期を懐かしむおじ様達には未だに人気ですが、若い人たちからすれば、ジェネレーションギャップを感じる作品になりました。
    ネタ本としてはお勧め

    このレビューは参考になりましたか?

課長 島耕作 のシリーズ作品 全17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件
  • 課長 島耕作(1)
    完結
    660円(税込)
    島耕作、34歳。肩書き、課長。出世にあくせくする気もないが、新しい椅子の座り心地はなかなか悪くない。島の所属する宣伝部の情報が、ライバル会社に漏れていた。調査を進めるうち、派閥絡みの社内政略にも発展し、島は渦中の発端にいる自分を知る。そして、事件の一因でもある、島にかかわる魅力と才覚を秘めた女性たち。油断してつきあおうものなら、手痛いしっぺい返しが待ち受ける。島課長もご用心!
  • 課長 島耕作(2)
    完結
    660円(税込)
    島耕作がニューヨーク勤務で関係を持つようになったアイリーンには、もう1人の恋人、ボブがいた。2人の男は敵意(ホスティリティ)の握手と殴り合いで始まった仲だが、アイリーンを馬車で迎えるタキシードの騎士となる。そんな3人への吉報が変化した。アイリーン推薦でもあるボブのイラストの採用が、広告主である社長の偏見のために取り消されたのだ。社長が同じアパートの住人と知った島とアイリーン...
  • 課長 島耕作(3)
    完結
    660円(税込)
    島耕作はラスベガス出張中に、一晩で10000ドルをつくらねばならなくなった。八方ふさがりの上、タイムリミットは5時間。だがここはギャンブルの街・ラスベガス。島は1000ドルを元手に、ルーレット勝負に出た。いつしか勝負は、腕利きの美人シューター・パメラとの一騎打ちに…。彼女は島にサインを送るそぶりを見せ、時間切れ寸前、赤黒の二者択一を挑んで来た。果たしてサインは嘘かまことか!?島は運命...
  • 課長 島耕作(4)
    完結
    660円(税込)
    初芝電産会長の突然の死がさまざまな波紋を巻き起こした。株のインサイダー取引が行われ、島耕作は知らぬ間に片棒をかつがされる。だが、島は取り分としての金を受け取らなかった。副社長の後任争いの中でも、大泉派からの誘いを蹴った。そんな島を大泉は気に入り、副社長に就任後も、自らの派へ誘う。しかし、大泉の女・典子と島の関係がバレてしまった。島は異動となり、京都での生活を始めることになる。
  • 課長 島耕作(5)
    完結
    660円(税込)
    美術界の大物ルーキーとして各賞を総ナメにした池上徹。彼は、島耕作の赴任している京都事業所営業部の新人社員だった。島は彼に意欲と才能の片鱗を見るが、その宣伝部への強い希望は、コネ優先で、個人の才能など見極められない大企業の論理によって踏みにじられ、池上は辞職していった…。企業人として生きる自分を思う島耕作に、京都の冬の風が、辛くせつなく染みる。
  • 課長 島耕作(6)
    完結
    660円(税込)
    島耕作は赴任地・京都より、本社に戻ってきた。新たな部下の新入社員・大町久美子の、才覚と大胆さをあわせ持つ姿に、島は魅かれ始める。そんなある日、彼女に初芝電産会長・木野とのコネクションがあることがわかる。島は興味を持ち、彼女の経歴を調べ始めた。するとその影には、先代会長・故吉原初太郎の姿が浮かんできた。島は謎に満ちた彼女に警戒心を抱きつつも、次第にその魅力に引き込まれていくの...
  • 課長 島耕作(7)
    完結
    660円(税込)
    新人OL・大町久美子と一夜をともにした島耕作。だが彼女には、同じ課の竹綱という恋人がいた。そのことを見せつけるかのような態度をとりながら、積極的に島にアプローチする大町。島はその不可解な行動に困惑しながらも魅かれてゆく。しかし竹綱はそれを許せず、大町を追及。彼女は2人に、自らの性癖を決定づけた、先代会長・故吉原初太郎の娘としての過去を語った。複雑な気持ちを抱いた島のもとへ、妻...
  • 課長 島耕作(8)
    完結
    660円(税込)
    「キミはクビだ」苫米地社長から突然の解雇通知をうけた島耕作。大泉副社長との激化する派閥抗争の渦中に立たされ、派閥入りを拒んだ結果だ。窮地に追い込まれた島は、初芝に残るための策を講ずる。探偵・小暮の協力を得て、野心に乏しい大泉に、彼の追放を画策する苫米地側の情報をリーク。全面対決させ、苫米地放逐をねらった。大泉側に勝たせるには、大株主の大町愛子がカギをにぎる。島は自らの保身の...
  • 課長 島耕作(9)
    完結
    660円(税込)
    島耕作の進退問題を引き金とした、苫米地社長追放劇も大詰めを迎えた。欧州から戻った木野会長が、島たちへの協力を承諾。大株主の大町愛子も、前言を翻し株式を木野へ委託するという。苫米地派の役員も、1人残らず大泉派についた。島たちの計略通りに始まった取締役会で、苫米地を解任、大泉新社長が誕生した。職場復帰を果たしほっとした島だったが、大町愛子に呼び出された店に、島が追放した苫米地が姿...
  • 課長 島耕作(10)
    完結
    660円(税込)
    フィリピンへ出向となった島耕作。社長夫人・大泉笙子の怒りをかったための、突然の異動であった。現地法人に雇われる形となった島に、ローラという有能な秘書がついた。前任者の放蕩ぶりに、日本人に対して不信感を抱いていたローラだが、島の誠実さを見て、少しずつ心を開いてゆく。しかし、同僚が気をまわして島の部屋へ呼んだ女性と、バッタリ遭遇。これを機にすっかりよそよそしくなったローラに、島...
  • 課長 島耕作(11)
    完結
    660円(税込)
    フィリピンでの島の隣人、松原という日本人商社マンの現地妻を見て、島は驚いた。つい先日日本で、親友の五十嵐に結婚相手だと紹介された、ステラがそこにいたのだ。あくる日、ステラの家を訪ねた島は、さらに驚愕した。彼女には夫も子供たちもいたのだ。この事実を五十嵐に伝えるべきかどうか島は苦悩する。そんなある日、ステラが来ている松原の部屋に、彼女の夫が銃を持って乗り込んで来た。助けようと...
  • 課長 島耕作(12)
    完結
    660円(税込)
    ハツシバはフィリピンに新工場進出を計画した。だが現地のセルバンテス財閥は、進出の条件として、彼らとの合弁企業とすることを要求してきた。現地法人社長・樫村と島耕作は、100%ハツシバ資本での進出を認めさせろとの命を受けた。財閥側から出された、彼らの持つ工場の労組問題を解決しろとの条件も、島は持ち前の聡明さでクリア。私立探偵・小暮の協力も得て、島と樫村はみごと大役をはたした。だが、...
  • 課長 島耕作(13)
    完結
    660円(税込)
    フィリピンから日本に戻った島耕作は、新設の総合宣伝課の課長となった。企業イメージの向上をはかる新部署の初仕事は、カーレースチームのスポンサーとなることだ。だが、同じクラスには、ライバルのソラー電機が以前から参入していた。しかも、ブッチギリで速いのだ。そのソラーに勝たねば、逆にイメージダウンになってしまう。この圧倒的に不利な状況を覆すべく、島は新ドライバーの獲得に動き出した。
  • 課長 島耕作(14)
    完結
    660円(税込)
    島耕作が前任していたショールーム課の今野課長が、セクハラをしているらしい。全国各地のショウルームから、抗議のFAXが届いたのだ。事実を突き止めた島は、温情として人事には報告せず、今野に自ら配置転換するように忠告した。だが、今野は逆恨みし、懇意の福田常務に頼み込み、島は熊本へ左遷されることになってしまった!これを聞いた中沢部長は怒り、島の救済に立ち上がった。
  • 課長 島耕作(15)
    完結
    660円(税込)
    米・コスモス映画社買収の命を受け、中沢部長と島耕作は、ロサンゼルスに来ていた。だが交渉は難航し、ライバル社の東立電工に話を横取りされそうになった。東立側の妙に自信ありげな態度に疑問を持った中沢が探りを入れたところ、ハツシバアメリカL.A.支社の泉が、こちらの情報を漏らすスパイだったのだ!窮地に立たされた島たちだが、この事実を逆に利用する計画を立てる。こうして、島たちの一世一代の...
  • 課長 島耕作(16)
    完結
    660円(税込)
    ハツシバに映画製作の企画が持ち上がった。200億円をかけた空前の超大作だ。成功させるためには、腕利きのプロデューサーが必要になる。そこで、ハリウッド随一といわれる、エドワード・コナーに白羽の矢が立った。島耕作は彼を引き抜くため、静養先であるタイへ飛んだ。なんとかコナーに会えた島だが、契約に際しおかしな条件を出された。スワンというゲイの踊り子とデートの約束をつけろというのだ。困惑...
  • 課長 島耕作(17)
    完結
    660円(税込)
    木野会長と大泉社長は、島耕作の上司である中沢部長を次期社長に指名した。突然のことに固辞する中沢。だが島は、唯一尊敬できる上司の中沢が社長になることを望み、説得する。2人で飲み明かす内、中沢は引き受ける決心をした。新社長誕生の報に財界が騒然とする中、島の恋人・大町久美子に見合い話が。久美子の母・愛子は、島を罠にはめ、娘との仲を裂こうとする。そこで久美子選んだ決断は!?サラリー...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています