オー!ファーザー

オー!ファーザー

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

父親が四人いる!? 高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件──。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年11月22日
紙の本の発売
2013年06月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

オー!ファーザー のユーザーレビュー

    購入済み

    おーファーザー

    なつき 2014年02月20日

    4人の父親が1人の息子を実の息子として色々教える姿はとてもとても羨ましく思えました。
    内容も愉快で、個性的な4人の父親は賑やかで。
    なんだかおかしいことなのにまるでおかしくないと思えてしまいます。
    主人公のゆきおくんもとても個性的で、私は好きなタイプです笑
    絶対読んでも損しないし、読んだ後に清々しさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    ・「頭の良さっていったい何だろう」 まずは、発想力というか、 柔軟な考えができる人だろうな。 そして、あとは気配りとユーモアが重要だ。
    ・子供はどう抗っても、親の影響を受けてしまう
    ・人が生活をしていて、努力で答えが見つかるなんてことはそうそうない。答えや正解が分からず、煩悶しながら生きていくの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月25日

    笑えるシーン、家族愛により感動するシーン、ハラハラするシーンなど、読んでいるうちにたくさんの感情の揺れ動きがある作品だった。

    そして、ストーリーの中で多くの問題が発生し、それが最終的に一気に解決していく過程はスッキリした気分と、著者に対する尊敬がうまれた。

    読みやすい内容でもあったので、長編小説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月23日

    父親4人とかあり得ないだろ!と思いつつ、伊坂さんの小説でこの設定なら、と惹かれて購入。周りの友人が若干鬱陶しく感じながらも、父親たちの憎めないキャラクターが面白く、どんどん読み進められた。悪い人っぽいところにも憎めない部分があるからずるい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    クスッと笑える掛け合いが織り交ぜられて楽しい。
    父親たちがそれぞれ違った頼もしさだし、
    主人公の由紀夫のピンチを団結して助ける様はカッコいい。
    普段それぞれが気ままに過ごしているのに、息子の由紀夫には真剣な愛情を向けていることに心温まる。
    特に葵の飄々とした感じ、悟の機知に富んだ感じ、由紀夫の切り返...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    「国民の三大義務は、納税と勤労と、親への報告だ」

    反発したって、子の考え方・癖・哲学には親の影響が少なからず出る。

    だからこそ、父と言う生き物は子の前で格好つける。4人もいると多少ウザいかも知れないが。

    それは、親バカなんかじゃない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    伊坂幸太郎ファンになったきっかけの一冊。
    4人のお父さんがすごく魅力的なキャラクターで
    お父さん達と由紀夫の会話が面白い!
    伏線回収も鮮やかで大好きな作品のひとつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月17日

    面白かった!伊坂幸太郎の過去作品を読み漁ろうと思い、まず手に取った1冊。

    個性豊かで愛情深い4人の父親と、憎まれ口を叩き、鬱陶しいと感じながらも父親たちのことを「いないといけない存在」と認める息子の由紀夫。

    たくさんのユーモアと愛に溢れる、テンポのいい会話が伊坂幸太郎ぽくて本当に面白かった!

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    長編小説って読むのに体力いるんだけど、
    伊坂幸太郎の小説は一気読み必至。
    ちょっとラノベっぽいすれた主人公が、
    自分が守られてきた存在で、無力だってことを痛感するのがいい。自分は子供だって自覚する。
    でも、守ってくれる大人がいることに気づくのだ。

    四人の父親全員が好き。みんなキャラ違う。
    お母さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    まず父親が4人いるという考えつきそうで考えつかない設定からもうおもしろい。
    口語とかふざけた感じの文章(良い表現が思いつかない)がたまらなく好き。
    家族も友達も癖が強いけど自分にもああいう知り合いがほしいと思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

オー!ファーザー に関連する特集・キャンペーン