すべての雲は銀の…(上)

すべての雲は銀の…(上)

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 637円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

誰も愛せない。壊れた心に降り積もる物語。心変わりした恋人由美子が選んだのは、こともあろうに兄貴だった。大学生活を捨てた祐介は信州菅平の宿「かむなび」で、明るさの奥に傷みを抱えた人々と出会う。 (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2004年04月
コンテンツ形式
EPUB

「すべての雲は銀の…(上)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年05月03日

端的に言えば、失恋した青年が立ち直る話。

ただそれだけなんだけど、環境の変化や新しい出会い、恋愛の痛いのも苦いのも、淡いのもビビットなのもありつつ、奇をてらった展開ではなく、主人公の気持ちの移り変わりが丁寧に描かれていると思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月04日

主人公は普通の大学生。
幼い頃から敵わないと思ってた優秀な兄貴に大好きな彼女を奪われ、
二人の裏切りにへこみまくってるところから物語が始まる。

そんな彼が同級生のすすめで、信州の宿で働くことになり、
様々な人との関わりを通して少しずつ再生していくという話。

宿の主、子連れの女性、近所の人たち、花...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月05日

ゆっくり読み過ぎて確か読み終わるのに1年くらいかかった。
描写がとても綺麗で、恋人に振られ複雑な心境の祐介の心の痛みや煮えたぎるような怒りや、どうしようもない気持ちはよく伝わってきた。
今度は通して読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月08日

表題は「すべての雲は銀の裏地を持っている」というどこかの国のことわざで、どんな不幸にもいい面はある、というような能天気な意味だそうです。その表題のとおり、いろいろな不幸を抱えた登場人物たちが明るくけなげに会話をして仕事をして信州の厳しい自然の中で生活していくという物語です。村山由佳の文章は読みやすく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月27日

ずっと読みたかった作品。
ガツガツと読んだ。
それだけこのお話に引き込まれていったんだと思います。
まさに非現実空間なかむなび。
祐介が変わっていく様子などがきゅんっときた。
瞳子さんの自由奔放っぷりが羨ましかった。
園主も頑固だけど筋が通っていて素敵だと思います。
続きが早く読みたく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!