私たちには物語がある

私たちには物語がある

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本好きの作家がつづる、心躍る読書エッセー。

ひとりひとりの人生が重なり合い、関わり合っただれかの時間が縫いつなげられ、無限へ、永遠へと広がっていく。本が、物語がある世界とは、なんとすばらしいのだろう。
この本は、まるごと物語にのみこまれることの至福に満ちた、すべての本とすべての本を必要とする人へのラブレターだ。
著者は語る――「収録してある本はほとんどすべて、読みたくて読んだものであり、読んでみておもしろかった本ばかりだ。こんなにも世界にはたくさんの本がある。私はこれらの活字を追いながらじつに膨大な、幸福な時間を過ごしてきた。その幸福な時間が、この一冊には詰まっている」

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
304ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年05月12日

    なんて希望に満ちたタイトル。とてつもなく大きな味方を得たような気持ちになる。
    面白くなかったらやだな、という理由からあまり新しい作家に手を出す勇気がなかったけれど、著者の読書感想文集にはあらゆる作家の多様な作品の魅力がぎっしり詰まっているので、読みたくなった本をメモしながら読んだ。熱意がこもった読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    文庫版で書い、お風呂に入る時に読んでいました。
    うっかり寝てしまうので、濡れてシワシワです・・。笑
    自分一人の世界のお風呂で、本の著者と対話をしに行くように、風呂に入る時に、この本を開きました。

    本と出会う時は自分と著者、自分と本の中にいる人との対話がある。対話は、自分の見え方、考え方、感情に作用...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月19日

    素晴らしい!
    感性の豊かさと、それを言葉にするユーモアを充分に感じられる、親しい友人のような書評集でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月23日

    わりと分厚い文庫本のほんの数ページですがこの人の「太宰論」が読めただけで買った価値大。

    角田光代の読書案内です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    角田さんの「読書感想文集」。この本には、100人を越える作家の著作への感想文が収められているが、著者は当時も今も異なる意味で「小説の世界は、気の遠くなる途方もない世界」だと思っている。当時は無知でひよっ子な心細さ、いまは、沢山読んで力をつけた自分にとって、広大無辺かつ未知の世界を前にした高揚感。本を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月31日

    奇しくも作者があとがきで書いているように、自分が読みながら感じたのも、『書評ってか感想文に近いな』っていうものだった。特に新聞掲載されたものに傾向は顕著で、極論すれば、その中から読みたくなったものはひとつもなかった。粗筋紹介の割合が多過ぎると感じたんだな。一方で、文芸誌などからの、ある程度の尺をもっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月30日

    角田さん曰く「読書感想文」とのことだけど、読書愛溢れる書評集。自分が全然知らなかった作家さんの本や、最近ご無沙汰している作家さんの本など、読みたい本が増えてしまった。時間や金銭面などで制約はあるものの、自分の好きな本を読むことができるって幸せなことなんだなあって気付かせて貰えました。私も読書ハイ体験...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月01日

    角田光代はすごい。彼女の紹介で、読みたい本がどんどん増える。その本たちを読むとき、角田さんみたいな読み方はきっとできないし、かと言ってこの本を参照して答え合わせのようにする必要もない。
    ブコウスキーの、「スピーカーから溢れでてきたのは、(…)ゆっくりとした明朗な声で、(…)ときに優しくすらあり、不思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月07日

    角田光代さんの作品を読むのは4冊目。ご本人曰く感想文集とのこと。とても素敵な感想文でした☆角田さんの本への愛情がよく伝わってきます!最初の交際履歴から、あとがきまで素敵♪角田さんがそれぞれの作品を読み素晴らしい時間を過ごして来られたのがわかり、本当に読書を楽しんでいる時間は幸せな時間だなぁと改めて思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月19日

    「私たちには物語がある」
    そうそう、そうなんだよ…って偶然見かけたこの本を手に取った。どうやら読書感想文なんだ~と帰りの車の中で分かった。

    冒頭の角田さんの書き出し。
    これまでの自分を思い出しながら読むと、泣きたい気分になりつつも、物語があってよかったと思っていた自分に気がつく。

    今考えれば、と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています