天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(3)
  • 最新刊

天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(3)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

天下人に喧嘩を売る男たちの最期の戦場。目前に迫る10万の豊臣秀吉軍。日本中がひれ伏した敵に、わずか5000の兵で九戸政実(くのへまさざね)は喧嘩を売った。策を尽くし、鍛えた武力で敵を翻弄する九戸党。誇りをかけた最期の戦いを待ち受けていたのは――。『炎立つ』『火怨』からつづく、陸奥(みちのく)の男たちの熱き魂を描いた歴史巨編「3部作」が、万感の最終幕を迎える。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
438ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2004年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(3) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    二巻目までは、なんやかんや言いながらもフィクサーの如く他人を動かすだけで自身は殆ど行動を起こさなかった政実がついに立ち上がった。
    最終的には勝てる見込みのない戦いだと分かっていながら、決して臆することなく一戦一戦は完勝を続ける九戸党が見せる戦の強さ。最後に「負けたことがないからこの先が分からない」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    どこまでも熱い漢達の話、第三弾。
    九戸政実なんて、日本史で習った記憶無い程知名度は低いと思うのですが、天下人秀吉にここまで抗った武将が他に居るのでしょうか。

    素晴らしく魅力的な人物が次々と登場しますが、やはり九戸政実が断トツ。
    男が惚れる漢です。
    阿弖流為と言い貞任と言い、本当にこの作者は描き方が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

     目前に迫る十万の豊臣秀吉軍。日本中がひれ伏した敵にわずか5千の兵で九戸政実は誇りを賭けて喧嘩を売った。

     最終巻にふさわしく九戸軍と豊臣軍との戦いの連続が描かれ、めくるページが止まりませんでした。

     数では圧倒的に不利な九戸軍が数だけが頼りの豊臣軍を優れた作戦で次々と打ち破っていく様は読んでい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月09日

    南部家の棟梁になるに十分な器量を備えながら、秀吉の方針で勝手に東北の区割りをされることに怒る九戸政実。その方針に反発し、九戸と同志のみで秀吉に喧嘩をふっかける。秀吉がほぼ全国を統一した後だけに勝てる見込みは無いにも関わらず・・・。秀吉の政権が早々に倒れることも見通しつつ、東北武者最後の意地を見せてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月08日

    最終巻はいよいよ秀吉軍との対峙。
    手に汗を握る展開が続き、九戸政実の最期には心を強く揺さぶられる。

    なぜに秀吉と対峙するのか?
    その理由を最期の最後に知ることで九戸政実の行動の全てが理解される。
    高橋克彦の陸奥三部作に共通していることでもあるし、幕末時の会津藩もそうかもしれないが、負けることでの美...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    いよいよ豊臣秀吉の支援を取り付けた信直軍に対して、敢然と立ち向かう九戸党の最後の戦い。圧倒的多数の軍勢に知恵と勇気と武力を駆使して立ち向かう勇者たちに思わず力はが入り、最後は一気読み。著者の陸奥三部作の中では最高のドラマ。エンディングで多くを語らないストーリーがしみじみとさせてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月14日

    2012-121
    陸奥シリーズ最終章。
    九戸党の最後は潔くて格好いい。
    政実と実親。
    どちらかが南部の棟梁になっていたら今の東北はどうなっていただろう。

    でも、今の東北を見ていたら陸奥の炎は今も生きているんだなぁと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月23日

    もう東北の正史はこれでお願いします!な、熱い東北時代物。
     
    高橋克彦さんの東北三部作の〆に当たる本作は、
    戦国時代末期の「武士の終焉」を
    ロマンと熱量あふれる文章でがっつり描いています。
      
    とにかく熱く、血がたぎるお話なのですが 、
    文章の歯ごたえも抜群で、かなり消耗します。
    ようし、読むぞ!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月27日

    秀吉軍10万人にわずか5000人で南部の義を守るために戦った九戸政実。知徳体が全て備わった希有な存在。魅力は人知を越えた戦略戦術が満載。更に合戦時の飛び交う無数の数の音が躍動感に彩りを与えている。その気になれば伊達政宗と手を組んで秀吉に対抗できるだけの勢力を持てたはずなのに・・。疑問が解消するのはク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月02日

    自分自身の実家が九戸城跡地で(住所も「城の内」です!)(^^; 地元もいいところの話、九戸政実は秀吉に最後まで抵抗した最後の武士、としての知識程度でしたが。実家を立てる際にヤジリの残ったままの頭蓋骨が出てきてけっこう騒いだことも覚えております。なので一度読みたかったのでした。Ⅰ〜Ⅲ一気!でした。小学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(1)
    織田信長が天下布武(てんかふぶ)を掲げた頃、陸奥(みちのく)の南部家では内紛が続いていた。新たな時代を予見する九戸党の棟梁・政実(まさざね)は、ついに宗家を見切った。戦の天才「北の鬼」九戸政実が、武者揃いの一族郎党を束ねて東北の地を駆け巡る。著者が故郷を舞台に熱き思いを込めた歴史巨編「陸奥3部作」の最終章、待望の文庫化。(講談社文庫)
  • 天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(2)
    陸奥武者の熱き魂、戦国の隠れた豪傑、南部家棟梁が二代続けて怪死する激乱の事態。「北の鬼」九戸政実(くのへまさざね)は、南に目を向けながらも、南部一族内の権謀術数が蠢く陸奥(みちのく)に縛られていた。織田信長が殺され、伊達政宗が台頭する。天下人となった豊臣秀吉は、20万の兵を率いて東へ進軍をはじめた。戦国時代の知られざる豪傑の波瀾の人生はいかに――。(講談社文庫)
  • 天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実(3)
    天下人に喧嘩を売る男たちの最期の戦場。目前に迫る10万の豊臣秀吉軍。日本中がひれ伏した敵に、わずか5000の兵で九戸政実(くのへまさざね)は喧嘩を売った。策を尽くし、鍛えた武力で敵を翻弄する九戸党。誇りをかけた最期の戦いを待ち受けていたのは――。『炎立つ』『火怨』からつづく、陸奥(みちのく)の男たちの熱き魂を描いた歴史巨編「3部作」が、万感の最終幕を迎える。(講談社文庫)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています