航路(上)

航路(上)

作者名 :
通常価格 1,144円 (税込)
紙の本 [参考] 1,274円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ローカス賞受賞!マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっていた認知心理学者のジョアンナは、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生させ、その時の脳の活動を詳細に記録しようというのだ。しかしその実験にはトラブルが続出し、被験者が不足してしまう。ジョアンナはみずからが被験者となることを申し出るが、彼女が擬似臨死体験でたどり着いた場所は……!?

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
656ページ
電子版発売日
2013年10月11日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
.book

「航路(上)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年09月15日

(上下巻を読んだ感想です)
若き認知心理学者のジョアンナは、マーシー総合病院で臨死体験者の対面聞き取り調査を行い、臨死体験の科学的仕組みを解明しようと試みる。だが、死後の世界を信奉するノンフィクション作家のマンドレイクもまた臨死体験者への取材を行っており、彼女の調査の妨げになっていた。そんな折、神経...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月21日

『犬は勘定にいれません〜』以来のコニーウィリス作品。2作目。

『犬は〜』のような登場人物が冗談を交えながらのんびりと話が進んでいくSFコメディを想像して読み始めたが、今作ではギャグの面白さもますます磨きがかかっており非常に読みやすかった。

病院内で臨死体験について調べている主人公が神経学者のリチ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月29日

コニーウィリスの傑作。
臨死体験がテーマという風変わりさだけど、
登場人物たちがとても魅力的で、読みながらわくわくする!
後半でジョアンナの体験が何に基づくものが何か探る過程が
ミステリーのようで、おもしろくて読むのをやめられない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月14日

ヴィレッジブックス版の文庫が本棚の何処かに眠っていて、オールクリアもまだ読み終わっていないけど、買ってしまいました。
断言しますが自分の読書人生の中でベストテンの一位二位を争う本です。読みながら足踏みをした本は本書が始めてかも。そしてラスト・・・。これから読む人は幸せです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月09日

トヨザキ社長オススメ、翻訳・大森ってことで入手。ただ、”航路”って言葉を、自分で勝手に”宇宙航路”と拡大解釈してて、それはSFのイメージに基づくものでもあるんだけど、で、『だとすると、こんな長編を読みきるのはしんどいかも…』って思ってた。でも蓋を開けてみると、舞台は親和性の高い病院で、内容も臨死体験...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「航路」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!