コニー・ウィリスの一覧

「コニー・ウィリス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:コニー・ウィリス(コニーウィリス)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1945年12月31日
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

コロラド州立大学卒。1971年に『The Secret of Santa Titicaca』でデビュー。ヒューゴー賞、ローカス賞を10回以上受賞。『最後のウィネベーゴ』、『ドゥームズデイ・ブック』、『見張り』、『女王様でも』など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2021/11/17更新

ユーザーレビュー

  • クロストーク 下
    テレパス同士がコミュニケーションできるようになり、混乱度はさらに上がる。そして伏線がどんどん回収されていく。CBや大叔母の言動の背景が明らかになっていくのだが、予想の範囲かなと思いつつも、「うわっ! !ややこし! 」と思うくらい真相もごちゃごちゃしている。とはいえ、背景も含めて物語は交通整理ができて...続きを読む
  • クロストーク 上
    笑える方のコニー・ウィリスの長編作品。EEDという脳外科手術を受けるとパートナーがまるでテレパシーのように気持ちを共有できるようになる。主人公のブリディは恋人のトレントとEEDを受ける。もちろん正常に気持ちを共有できるようになりはしない。ブリディはトレントと接続できずに、同僚のCBとつながってしまう...続きを読む
  • ドゥームズデイ・ブック(上)
    中世史科の学生キヴリン。好奇心旺盛で小柄の女性が研究のために1320年へタイムトラベル。しかしキヴリンは飛んだ先で倒れ、過去へ送りだしたほうのダンワージー教授のところではパンデミックの事態。どちらも原因がわからぬまま話は進む。
    出だしで話に入りこむのにいくぶん時間がかかったが(いくつかの普通名詞がど...続きを読む
  • ドゥームズデイ・ブック(下)
    コリンの大叔母である医師メアリや、いやーな野心家ギリクリストがあっさり死んでしまったのは拍子抜けしたが、死ってそういうものかも。
    ペストの蔓延するなかで病人の血で汚れることも厭わずローシュ神父とともに奮闘するキヴリンは、原作版風の谷のナウシカを彷彿とさせたし、コリンは12歳らしく溌剌としてて良かった...続きを読む
  • 航路(下)
    前半の、ユーモアも交えつつ、あっちへ行ったりこっちで隠れたり、みたいなドタバタ劇も楽しかったけど、本下巻では、結構展開がスリリングになってくる。物語の核心に近付いていきつつ、でも本巻の中盤でまさかの主人公死亡事態が発生して、どうなるのかと思いきや、そこからは謎解きの面白さも加味しながら、感動の結末へ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!