惚れた女を救うため、負った八十八の刀傷。江戸・呉服町で仕立て屋を営む男は、その傷から「斬られ権佐」と呼ばれていた。権佐は、救った女と結ばれ、兄貴分で八丁堀の与力・数馬の捕り物を手伝うようになる。押し込み、付け火、人殺し。権佐は下手人が持つ弱さと、その哀しみに触れていく。だが、体は不穏な兆しを見せ始めて――。一途に人を思い、懸命に生きる男の姿を描いた、切なくも温かい時代小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

斬られ権佐

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月04日

泣けます。
妻の愛、夫の愛、父の愛。
心地よい涙をながせました。
宇江佐さんの作品の中でもダントツで好きです。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2011年11月17日

あさみへの思いを忘れられない(これ,結構あけっぴろげ,かつ強引)一方で,その夫である権佐が好きで心配でたまらない数馬がよいです。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2011年10月26日

切ない。切ないけど、いいお話だ。太く、短く、潔く生きていくって、こんなに切ないものだね。だけど一所懸命生きた証がここにあるのだから。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2009年04月08日

惚れた女を助ける為に全身に醜い刀傷を負った男の物語。命がけで惚れられた女は権佐の妻となり、権佐は与力の小者となって捕り物に励む。捕物帖というよりは、権佐と家族、その周辺を暖かく描きだした人情時代小説と言えるかな。最後はしんみりホロリとなってしまったが、しみじみ読めて良かったな…と思える話だった。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2008年05月31日

ほんわかしたり、号泣させられたり、イライラしたり。
主人公の最後の台詞に一晩中涙が止まりませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2007年10月13日

はっきり申しましょう。
この本は危険ですっ

半分くらいまでは家で読みました。
その後通勤電車で読んでいたのですが
後半はもう・・・もう・・・涙を堪えるので必死でした。

途中本編の回想シーンとか出てきて
少し戸惑うこともありましたが
読み終わるとそれは自然の流れのような。

最後は・・・・
お蘭の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2007年02月20日

主人公権佐とその女房あさみが、髪結い伊左次と文吉とキャラ的にもかぶる。宇江佐先生の長編でもなく短編でもないこの構成は好き。この登場人物たちをもう少しゆっくり見ていたいと思う一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月07日

権佐のキャラクターが魅力的だった。
惚れた女を助けて、88か所の刀傷を負った時のセリフ、
「縁もゆかりもあらァな。おれはよう、おれは、あさみ様におっこちきれたからよう」(P-46)
(おっこちきれたは、流行していたセリフで”ぞっこん惚れた”という意味)
死ぬ間際、娘に言ったセリフ、
「お蘭、さっき、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2015年01月09日

江戸時代の町並み、空気感、人々の暮らしが温かく描かれています。

ただ、引っ掛かった点がひとつ。
権佐が娘に「母親のそばにずっといてやってくれ」と頼んだことで、娘の将来を縛ってしまったんじゃないかな。
女性が自由に生き方を決められる時代ではなかっただろうけど、それでも、お蘭にはもっと違う道や夢があっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

斬られ権佐

Posted by ブクログ 2011年09月11日

惚れた女を救うため夢中になって負った刀傷が八十八。相手がよほど鈍らのへたくそだったんだねぇ。秋山小兵衛みたいだったらもうそれでお話が終わってます。深川八丁堀が舞台のはずなのに、そんな風にぼろぼろになってしまった体はちゃきちゃきとはいかず、人間健康が一番だと妙に納得してしまう色を持っている。そんな「江...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?