聖条学園に入学した日坂菜乃は、ひとりの上級生と出会う。文芸部部長、井上心葉【このは】。彼に惹かれ、勢いで文芸部に入部してしまった菜乃だったが、心葉の胸には既にひとりの“文学少女”が宿っていた。まるで相手にされず、落ち込む菜乃。けれど、彼女がある事件に巻き込まれ、追い詰められたとき、心葉は告げる。「気づかないふりも、目をそらすことも、もうしないって誓ったんだ」――文学初心者の少女が物語に隠された真実を探す、もうひとつの“文学少女”の物語!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2013年09月17日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • “文学少女”見習いの、初戀。
    通常版 1巻 648円(税込)
    聖条学園に入学した日坂菜乃は、ひとりの上級生と出会う。文芸部部長、井上心葉【このは】。彼に惹かれ、勢いで文芸部に入部してしまった菜乃だったが、心葉の胸には既にひとりの“文学少女”が宿っていた。...
  • “文学少女”見習いの、傷心。
    通常版 2巻 712円(税込)
    「きみが大嫌いだ」心葉【このは】にそう告げられてしまった菜乃。その日以来、心葉は本心を見せず、取り繕った笑みで菜乃に接するようになる。そんなのは嫌だ! と、夏休み、菜乃はある行動に出るが……。...
  • “文学少女”見習いの、卒業。
    通常版 3巻 712円(税込)
    「わかったでしょう? 邪魔よ」親友の瞳から、そう告げられた菜乃。しかも心葉【このは】は、そんな瞳とつきあうという! 仰天する菜乃の前に、さらに、瞳の過去──人を死なせたと噂された3年前、彼女の側...

“文学少女”見習いの、卒業。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月02日

文学少女見習い。最終巻。報われないことが決まっている恋について、どう決着をつけるのか。そして前巻の「傷心」のラストは?と、面白くないわけがない内容で、その期待どおり、すっごく面白い話だった。「文学少女」で太宰治から始まり、「見習い」で夏目漱石で締めくくられる流れも素敵。読んで良かった。

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、初戀。

Posted by ブクログ 2014年10月03日

心葉のその後を書いた作品。濃すぎる新主人公が先輩の代わりに出て来ます。話としては、誤解から悲惨な事件になってしまいましたが、救いのある感じの終わり方でよかったです。モチーフとした作品は曽根崎心中だそうです。

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、卒業。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月04日

今回の題材は夏目漱石の「こころ」
大好きな作品なので、物語も理解しやすかったです。
自分のエゴな行いに、生涯、悩み苦しんだ先生。
悪人でも特殊な出生でもなんでもない、ごく普通の「先生」の悩みだから誰でも共感出来るのだろう、という言葉になるほどと思いました。
でめ、どれだけ報われないようなことが登場人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、傷心。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月03日

この見習いシリーズの主人公、菜乃ちゃんは巻を追うごとにますます魅力的になっていきますね!
真っ直ぐで一生懸命で明るくて、もうすごく可愛い!


今回は「フランケンシュタイン」の怪物がテーマ。

皆誰しも心の中に怪物が潜んでおり、それまで善良だった人がある日いきなり怪物になってしまうこともある。
それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、初戀。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月02日

久しぶりの文学少女シリーズ!
やっぱりいいなぁ!
古典文学や名作と呼ばれた本をよみたくなりますね!

今回は近松門左衛門の「曽根崎心中」がテーマになっています。
愛し合った二人は優しくない現実にも負けたけど、自分の心にも負けたんです!
という菜乃ちゃんの言葉に胸を撃たれました。
生きていたらきっとま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、卒業。

Posted by ブクログ 2013年04月04日

一体何がどうしてそうなったのか。
謎な友人の行動を解き明かすため、行動し始めた少女。
そして、先輩の卒業。

友人のために何かをする事。
必死になって考える事。
そんな事をした経験はありますか? と聞かれたら
ない、と答えられます。
こうなった時、どう動くかも想像できません。
ただ、妙だな、くらいは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、傷心。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月06日

 心を抉るような愛憎。「見習い」である菜乃のキャラクターが物語をふんわり持ち上げてくれるけれど、やっぱり読んでいて、こんなに愛しくてこんなに切ない本は他にない。

 「傷心」はシュトルムの『みずうみ』に準えたストーリー。心葉に「大嫌いだ」と言われた菜乃が、それでも文学少女を目指しながら、心葉が好きで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、卒業。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月31日

最後の彼の告白があまりにも綺麗。黄色みがかった真っ白で、ふんわりしていて、すごくあったかで幸せな気分になれる。“もしかしたら、この幸福を味わうために生まれてきたんじゃないだろうか”。

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、卒業。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月19日

外伝"文学少女"見習いシリーズ完結編。菜乃ちゃんと心葉君にもついに別れの時が…。作家としての心葉君から菜乃ちゃんへの特別なプレゼントがとても素敵だった。菜乃ちゃんもななせちゃんもこれから新しい物語を紡いでいってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

“文学少女”見習いの、傷心。

Posted by ブクログ 2012年08月16日

"文学少女"外伝の第二弾。夏の文芸部の合宿?を描く短編と、文化祭でまたもや劇に参加することになった文芸部を描く長編の二本立て。天使の歌声を持つ彼の再登場にはとても驚いた、複線の回収が素晴らしかった。
ななせちゃんの恋心もまた前に進み始めたようで先が気になる。

このレビューは参考になりましたか?