夏を殺す少女

夏を殺す少女

作者名 :
通常価格 995円 (905円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

酔った元小児科医がマンホールにはまって死亡。市会議員が山道を運転中にエアバッグが作動し、運転をあやまり死亡。どちらもつまらない案件のはずだった。事故の現場に、ひとりの娘の姿がなければ。片方の案件を担当していた先輩弁護士が、謎の死をとげていなければ。一見無関係な出来事の奥に潜むただならぬ気配。弁護士エヴェリーンはしだいに事件に深入りしていく。一方ライプツィヒ警察の刑事ヴァルターは、病院での少女の不審死を調べていた。オーストリアの弁護士とドイツの刑事、ふたりの軌跡が出合うとき、事件がその恐るべき真の姿をあらわし始める。ドイツでセンセーションを巻き起こした、衝撃のミステリ登場。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
460ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年02月20日

    事件の共通点や犯人が知りたくてどんどん読んでしまった。
    犯行がゴリ押しすぎるだろって思う所もあったけど、それでもハラハラわくわくさせてもらえました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月04日

    次々と場面が変わり、時間の流れも前後するので、
    話についていけるのか心配なぐらいだったが、
    場面の長さが短めで、
    主人公の刑事と弁護士の決断と行動の速さが
    心地よくそのスピード感を楽しめた。

    二人の主人公、リニ―弁護士とヴァルター刑事がそれぞれの事情を抱えながら、
    それぞれの事件を二方向からつき進...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月09日

    [怨根の行く末]元小児科医がマンホールに落下して死亡。市会議員が運転ミスで死亡。そして、精神を患った少女が自らの体に薬物と酒を投与して死亡。一見無関係に見える事件をそれぞれに追っていた弁護士のエヴァリーンと刑事のヴァルターは、それぞれに事件の裏に隠された更なる闇に気付き始めるのであるが......。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月05日

    ここのところ立て続けてヨーローッパ・ミステリーを読んでいまして、酒寄氏翻訳本の一冊の本作を読みましたが、直前の「白雪姫には死んでもらう」よりもハマリました。
    読んでいる最中、本当に主人公と同じように胃液が上がってくるような不快な場面もありましたが、筆致に引っ張られるように一気読み。この作者の次作を欲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月11日

    スピード感があって面白い。特にに後半の展開はまさに手に汗を握るような迫力がある。洋物にしては読みやすいなと思ったら、シーラッハと同様酒寄さんの翻訳だった。
    それにしても、ヨーロッパのこの手の犯罪がテーマの作品は読んでいてとてもやるせなくなる。やはり社会が病んでいるのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月08日

    ドイツのミステリで、舞台はヴィーンとドイツ各地です
    関係のないところで起こった殺人事件を別々に追う、弁護士と刑事、それが一つの点に繫がります、児童虐待(性犯罪)被害者、加害者を巻き込んだ殺人事件です
    テーマはとんでもなく重いものですが、昨日は一気読みをしてしまいました、読後感は意外と爽やかなところは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月04日

    離れた場所の、互いに因果関係が薄そうな出来事が、何時しか交錯し、「とんでもない話し」が明らかになるという物語である。
    一つの事件の裏、表から関った2人がやがて出くわし、複雑な事件の謎が解き明かされるという、少し不思議な面白さが在る物語で大変に愉しい。北ドイツの寒々しい情景の中で繰り広げられる、“素人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月13日

    酔った元小児科医がマンホールで溺死。市会議員が運転をあやまり事故死。一見無関係な出来事に潜むただならぬ気配に、弁護士エヴェリーンは深入りしていく。一方ライプツィヒ警察の刑事ヴァルターは、病院での少女の不審死を調べていた。オーストリアの弁護士とドイツの刑事の軌跡が出合うとき、事件が恐るべき姿をあらわし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月04日

    オーストリアのミステリを初めて読みました。
    ドイツ語圏で数々の賞を受賞している人気作家のセンセーショナルなヒット作。
    アンドレアス・グルーバー日本初紹介です。

    オーストリアの若手女性弁護士エヴェリーンは、単なる事故と思われた事件を調べていくうちに、別な事故死現場に同じ少女がいたという不審な事実に気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月19日

    あぁ面白かった。終盤は読む手が止められず一気読み。少女たちの気持ちに胸が苦しくなる。でも点と点が繋がって行くのはとても興奮した。

    ふたりの主人公がなんだかとても好きだな。彼らの最後が未来を感じる明るい結末だったことが、救いのように感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています