犯罪

犯罪

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の末っ子。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。――魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。高名な刑事事件専門の弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描き上げた珠玉の連作短篇集。クライスト賞ほか文学賞三冠、2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた傑作。単行本より改訂増補された最新決定版!/解説=松山巖

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
278ページ
電子版発売日
2016年02月13日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2019年07月18日

    すごかった…うまく言えないけどすごく引き込まれる短編集。二作目から読んだけれどストーリーにはなんの支障もなかった。今作の方がまだ、事件が読みやすいかも。(個人的には二作目のあのもやっとする感じもとても好きだけれど)
    どれもすごかったけれど、タナタ氏はなんか怖いけどすごく印象に残る。チェロのやるせなさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    "今年読んだ小説ベストワンに選んでおきたい。短編集だが、どれも読みごたえのある作品ばかり。人間の心理を丁寧に描写している。事件が起こるまでのストーリーの語り口、リズムがなんとも言えない。
    この人の他の作品も翻訳されているようなので、読んでみたい。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    ドラマチックな事件など一つも起こらない、しがない市井の人々の犯罪を弁護士である語り手の目線で綴った短編集。
    事件そのものと、人々が犯罪を犯すあるいは巻き込まれるに至る経緯が、簡潔で短いながらも時間と空間を自在に感じさせる文章でこれ以上ない程淡々と語られる。
    しかし読めばその人物たちそれぞれの「事情」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    「犯罪」というタイトルに、ミステリーやサスペンスを読んだ後の重苦しさをイメージしていたのだが、まったく違った。

    この短編に登場する人々は、普通に生きる誰よりも「人らしく」生きてしまった者たちだ。
    そのはかなさや切なさ、愚かさが、なんとも愛おしく思えてくるほどだ。

    弁護士である著者のフェルディナン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月20日

    すごい弁護士!実話に基づいてるというけど、すごい法廷ミステリーの連続!

    耐え続けた夫婦生活の最後に壊れてしまった精神、耐えてきた悲しさ。

    謎の日本人の復讐の恐ろしさ。

    異常な育てられ方をした兄妹、愛する兄が壊れてしまった絶望。異常な父が二人のことを思っていた事実。

    愚鈍を装う移民末弟が鮮やか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月04日

    [罪がある、訳がある]表層上は何ということもない犯罪の内幕を丁寧に描いていくミステリー短編集。銀行強盗をしたにもかかわらず、公園で寝そべってすぐに逮捕された男の半生を綴った「エチオピアの男」、愛の契りの強さ故の殺人を描いた「フェーナー氏」などを収録しています。著者は、弁護士としても活躍し、処女作であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    ドイツの弁護士が描く「犯罪」の数々。
    ドイツも非常に治安が悪いことが伺える。しかし弁護士がここまでミステリー風に実際の様々な事件を描けるとは❗
    2012年本屋大賞翻訳小説部門第1位を受賞しただけある!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月25日

    著者は弁護士としても活躍するドイツ人。実際の事件に着想を得て、異様な犯罪の機微を描いた短編集。博物館の警備員として働く男が、「棘を抜く少年」という彫刻に魂を奪われ、棘が抜けたのかどうか気になって仕方がなくなる『棘』に、私も魅入られました。最終話の『エチオピアの男』には心を揺さぶられます。犯罪に走った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月12日

    誰だって魔が差すことはあるだろう。
    タイトルからクライムミステリかと読み始めたが、良い意味で違っていた。
    冒頭にもある通り、罪を犯すか犯さないかは薄氷の上にいるかのように、わずかな違いしかないのだと。
    なぜその出来事は起こったのか、一見冷めていると言えるくらい淡々と経緯が表される中に、普通に生きてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月01日

    「エチオピアの男」の中で「ドイツの刑法は罪刑法定主義だ。罪の重さで罰せられる。自分の行為で生じた責任がどれだけ重いかが問われる。これを確定することは厄介なことだ。中世では,その行為だけをもとに罰せられていたので簡単だった。泥棒は腕を切られる。しかも常に。金銭欲から盗みを働いたのか,飢えていたからなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています