姉の結婚

姉の結婚

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

結婚のご祝儀をめぐる、若い夫婦の人には言えない悔しい思い「御祝儀袋」。給料手取り十三万五千円のOLが家賃八万円のマンションに住むために、日々一円との闘いに明け暮れる倹約生活のなかで生まれる意外な感想「家賃」。普通と平凡が合体したような男と結婚した姉。たちまち破局がやってきて、目ざましい姉の変貌ぶりが可笑しい表題作。ささやかな見栄を支えに明るく生き抜く女たちの物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

姉の結婚 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    再読。
    面白かった! ハズレなしの短編集。
    普通の人たちの日常を淡々と、でも面白く皮肉っぽく描かれている。
    特に以下がお気に入り。
    ・「家賃」給料手取り13万5千円のOLがおしゃれな家賃8万円のマンションに住むための倹約生活。
    ・「結婚式」容姿、家柄、財力、学歴、性格と全てが揃った男性を射止めた姉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月08日

    女性のお金にまつわるあれこれ短編集。あるあるって思う共感することもしばしば。読みやすくて、笑えてよかった。執着しすぎるのはみっともないけど、節約するのも楽しむのがいちばんだなとしみじみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月04日

    いやはや、笑った。

    そしてこれが1995年の作品とは思えない。。
    2014年の今でも十分に実感できて笑えちゃう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    どの話も読んでる途中はとても面白いのだけどその分「え、ここで終わり?」となる。非現実的な落ちを付けられるよりはいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月04日

    普通の生活、感覚をフラットに捕らえるのがとても上手。さすが群ようこさん。
    そうだよなぁとどの短編もしみじみ思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月17日

    つつましくも精一杯生きる女性たちの短編集。

    ご祝儀の捻出に苦労したり、給料の半分以上の家賃を払うためにその他の全ての生活を切り詰めたり、あるいは家族に振り回されたり、人の噂話に興じたり。
    唯一男性が主人公である『金喰い虫』はエッジが効いていて面白かった。
    夫となるのもなかなか大変である。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月02日

    ひさびさの群ようこさん♪
    すっきり爽快☆結婚の話題がつきないこの年齢で読んだからこそさらに笑える。

    文章は軽いけど、現実と人間を捉える目、すごいなぁ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    ものすっごいリアルな物語が詰め込まれていました。
    
    毎日生きていると、学校やら職場やら、近所やらでいろーんな噂話を聞きますよね。
    
    そしてそれを家族とか友達に、そういえばこんな人がいてね、とか、この前聞いたんだけどね、って話したくなりますよね。
    
    そんな噂話のネタになるよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    お金や結婚に関する話をまとめた短編集

    読んでいて明るい気持ちになるような話ばかりではないのだが、思わずクスッと笑ってしまうユーモアのある文体で、気楽に読み進めることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    ドラマにもならないような他愛もない短編集。
    もし一本目二本目を読んで、しんどくて頓挫しそうであれば、後ろの方から読んでほしいです。
    さくらももこ的ブラックユーモアで、クスッとします。
    話の内容は「あるある」だったり「流石にここまでは」だったり「認めたくないけど自分もそうである事は否めない」だったりで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング