ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載、待望の文庫化! 二度目の失業でつらい思いをしていた時に、目に飛び込んできた憧れの人の姿。結婚も意識していた7年越しの恋人に別れを告げられ、ひとりで訪れた異国の街――。人生の大切な一場面をあざやかに切り取った短編12本と、作家が仕事でプライベートで訪れた、国内外の印象的な場所を描く11編のエッセイ。あたたかく心にしみる作品集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年07月19日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

空の冒険

Posted by ブクログ 2014年11月08日

新規開拓を銘打って読んだことのない小説家を探していたところ、表現が綺麗だという評価を見て吉田さんに出逢う。

本作はANAの機内に設置されてる雑誌に連載された短編集らしい。旅行好きで飛行機によく乗る機会は多いが、雑誌なんか見たこともなく試しに読んでみた。

まず、プロローグから惹き込まれる。日記とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2013年06月14日

旅とか空とかにまつわる短編&エッセイ集。
「あの空~」の続編ですな。

面白い小説を書くヒトは、総じてエッセイも巧みだ。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2013年12月11日

吉田修一の掌篇&エッセイ集。

ANAの機内誌に連載してたということで、
何かしら「旅」に関わる文章なんだけど、
こういうざっくりとしたテーマだけ縛ってあとは自由に、という文章がけっこう好き。
「あの空の下で」に続いて楽しめました。もっともっと読みたい。

海外旅行、行きたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2013年08月06日

「あの空の下で」同様、さらっと読める。個人的にはこちらの方が好き。
性別・年代問わず色々な人が登場。共感する話もあれば、正直よくわからない話もあり^^;
旅行に行こうっと改めて心に誓った!
とりあえず京都へ。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2013年06月19日

ANAの機内誌に連載中の短編小説とエッセイ集。
小説は、ふと人生を省みる瞬間や明日への一歩を踏み出す時が、さり気ない気持ちと行動で描かれたショートストーリー。
エッセイは、仕事とプライベートで訪れた場所や旅に関するもの。
どちらも、機内で読まれることを意識したことが伺われる、温かい作品集である。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2013年05月29日

吉田修一さんの“空”をテーマにした短編小説集&旅をテーマにしたエッセイ
吉田さんの小説はいつも途中を切り取ったような
特別な始まりも終わりもない、その潔さが好きです

“空は、神様に近い分だけ、きっと願い事も叶いやすい”
さすがオシャレ作家を気取っている(笑)だけあってずいぶんキザな言い回し
現実的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2018年05月31日

吉田修一さんのエッセイは初めてだったため、どんな人なのか人となりが少しだけ垣間見られたのがよかった。短編小説は短すぎるため、盛り上がってきたところで終わってしまうところに物足りなさを感じた。また月刊連載のため、小説によっておもしろさにばらつきがあると思った。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2016年03月06日

ANA「翼の王国」での連載の第2集。前作「あの空の下で」については、毒にも薬にもならない程度の口当たりのよい短編集という印象だったんだけど、同じはずなのにこの本の作品の何作かには余韻の深さを感じた。機内で読むということは、閉じ込められた何時間かの間に、無目的的に読むことが多くの前提だと思われ、そうい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2015年11月18日

短編小説とエッセイ集。小説は「女が階段を上る時」が短いのにドラマがあって良い。エッセイのほうが印象に残る良い話が多かった印象。

このレビューは参考になりましたか?

空の冒険

Posted by ブクログ 2014年12月19日

ANAグループ機内誌「翼の王国」に連載された短編小説とエッセイ。
小気味の良い短編小説。
エッセイを読んだのは恐らく初めて。新鮮だった。

軽い感じで一気に読み切った。

このレビューは参考になりましたか?