アンジュと頭獅王

アンジュと頭獅王

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

声に出して読みたくなる、圧巻の大冒険!

吉田修一の新境地ともいえる本書は、誰かのために生きる時代を模索する今だからこそ蘇る、二十一世紀版山椒太夫。古典の名作『山椒太夫』をベースに、上古も今も末代も、慈悲の心の尊さとはいかに、を現代に問う問題作だ。
 あの安寿と厨子王が千年の時空を超えて繰り広げる、善の執着と悪の執着を描く大冒険は、文字を追うごとに、思わず声に出して読みたくなる圧巻の言葉とリズムにあふれている。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
130ページ
電子版発売日
2019年09月30日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

アンジュと頭獅王 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    そういえばこんな話だったな。古典に出てくる悪人はほんとに悪人で心底嫌な感じ。古文読んでる感じで面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    『安寿と厨子王丸』の吉田さん版。令和版?
    現代風にアレンジしてなかなかの内容でした。最後の方はもう独特の世界、そこまでいっちゃいますかと言ったところ、長い旅だねえ。元々のとセットで残したい作品。滞りなく読み進めて、おもしかったあ。いろんなもの描ける人だね、素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    山椒太夫をベースに、中世から令和までの時代をまたいで語られる、アンジュと頭獅王の物語。

    山椒太夫の現代語訳かと思いつつ、二人の非情な運命をしみじみとたどって読んでいたら、一気に時が流れGoogleやらAppleも登場する現代へ。
    じつに小気味よいテンポの語り口調で、いつの時代も変わらない慈悲の心を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月11日

    一気に読めました。
    でも、ちょっとよく分からなかった‥
    いきなり令和とか出てきて現代になったりと、めまぐるしかった。

    でも、やっぱりかわいそうな話し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    「人の幸せに隔てがあってはならぬ。慈悲の心を失っては人ではないぞ」 古典の名作「山椒太夫」をベースに、安寿と厨子王が時空を超えて繰り広げる大冒険。誰かのために生きる時代を模索する今、慈悲の心の尊さを問う。

    森鴎外の「山椒大夫」は読んだ記憶がない。「安寿と厨子王」の話はむかし童話で読んはずなのだけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    「安寿と厨子王」「山椒大夫」が現代に現れた!

    最近、NHKラジオで森鴎外「山椒大夫」の英語版をリスニングした。
    子ども時代に童話を読んだきりだったので、懐かしく聞いていたところ、こういう本が出ていることを知り、興味深く拝読。

    アンジュと頭獅王にとってはお母さんに会えてハッピーエンドだけど、物語の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    山椒大夫の現代版&ハッピーエンド版

    安寿はアンジュとして、歌舞伎町の遊郭に売られて、頭子王と再会し、
    頭子王(厨子王)は、1000年経ってサーカスの大獅子の世話をしている所が目に留まり、
    養子になり、
    母親も目が見えるよになったり、

    場所も現代の新宿になったり、

    パロディとして楽しめた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    安寿と厨子王のあらすじは知っていたけど、時代が1000年くらい進んで現代的なアイテムがたくさん出てきても確かに山椒大夫…となって面白い時間でした。
    頭獅王や聖や母、太夫たちも当たり前のようにずっと生きてるけど、あの人たちずっと生きてる…ってならないのかな。。そこが不思議でした。
    現代的なアイテムたく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    吉田修一さん初めてかな?
    元ネタの昔話を知らないので読みたい。

    横道世之介を読みたかったんだけど、見つけられずにとりあえず前知識もなく読んだ作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月10日

     吉田修一の本、「パークライフ」しか読んだことない。この本はヒグチユウコの表紙だから手に取った。ライオンのクルクルのたてがみと凛々しい横顔、もう心を鷲摑みされた。

    「安寿と厨子王」です。内容的には。それを「アンジュと頭獅王」にしたのは、何か考えがあったからでしょうね・・・ 文体も古典風。ファンでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング