等伯(上)

等伯(上)

作者名 :
通常価格 1,571円 (1,429円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

都に出て本物の絵師になる――武家から養家に出された能登の
絵仏師・長谷川信春の強い想いが、戦国の世にあって次々と悲劇を呼ぶ。
身近な者の死、戦乱の殺戮……それでも真実を見るのが絵師。
その焦熱の道はどこへ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
354ページ
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

等伯(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月25日

    日経新聞に連載された歴史小説をもう一度読んでみた。信長が活躍する激動の時代の中で、政治に翻弄されながらも長谷川「等伯」が画家の高みを目指す姿が描かれている。主人公を支える家族や法華の教えにも心を動かされる部分が多い。反信長サイドから見た世情や信長の野望に触れるところも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    等伯展で、生きざまに感動し、この本を知ったとき、読みたいと思っていました。読み終えてから、再度、等伯の絵を見たいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月02日

    信長の時代を、長谷川等伯(と、その妻)の視点で観れるのはすごく良かった。
    石川県から大阪府の間の位置とか道とかが分かってた方が面白いかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月05日

    1章ごとの話が濃くて読み応えがある。登場人物の性格も個性的で、覚えやすかった。
    画家「長谷川等伯」の視点から大きな歴史の流れが描かれており、歴史物としても、伝記としても興味深く読める。独特の醍醐味を味わいたくて、二度、三度と読みたくなる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    非常に面白かった。
    信長・秀吉と同時代に生きており、この時代のサブストーリーとして、読み応えがあった。
    上巻は、主に織田の時代の話だが、信春はお尋ね者の身となり、信春の理解者や反織田の人々に匿われながら生きる。
    信長については、戦国の英雄としての見方もあるが、信春側から見ると、あくまでも魔王信...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月09日

    直木賞受賞作であり、その主人公も戦国時代から江戸時代までを生き抜いた絵師ということで興味もわいてきたので、読んでみました。主人公長谷川信春(等伯)は、生れながらにして絵を描くことが好きな絵仏師です。狩野永徳の存在に焦燥感を感じ、出身地能登から都に出て絵師として大成したいという願いを持っていました。義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    上下一括感想。激動の戦国末期で、時代に飜弄されながら絵師の道を進む等伯の激しい生き様が、生み出された作品と一体となって、読み応え充分。友達にはしたくないタイプだが、読後に彼の絵が見たくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月07日

    安土桃山時代の名絵師・等伯の若き日から、織田信長の権力側から追われる身となった苦難の日々を経て、関白・近衛前久、狩野派の3代目直信(松栄)や京都奉行・前田玄以たちとの関係を経て、有名絵師として地歩を確立していくまで。妻・静子の献身的な支えが感動的だった。日蓮宗の僧侶・日堯上人の尊像を描くに当たり悟り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月06日

    生き様がすさまじい
    仏画から絵屋になるまでの物語が作家の想像力から生み出されたものなのだから、本って読むのが楽しい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月29日

    やはりこの人の文章読みやすい。会話が多くてスラスラ進むが、会話がうまく書ける人ってなかなかいないような。程よくエンタメ性もあり、通勤時の電車の中だけで4日で読めてしまった。下巻も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

等伯 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 等伯(上)
    1,571円(税込)
    都に出て本物の絵師になる――武家から養家に出された能登の 絵仏師・長谷川信春の強い想いが、戦国の世にあって次々と悲劇を呼ぶ。 身近な者の死、戦乱の殺戮……それでも真実を見るのが絵師。 その焦熱の道はどこへ。
  • 等伯(下)
    1,571円(税込)
    大事なのは理想の絵に近づくこと――信長の世から秀吉の世へ。 絵師の勢力も権力とともにうつろう。狩野永徳との対決、 そして永徳の死を経て長谷川派は隆盛を迎える。そこに突然の悲劇が。 「松林図屏風」誕生の真相。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています