秋山久蔵御用控 花始末

秋山久蔵御用控 花始末

作者名 :
通常価格 709円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

定町廻り同心が首筋を切り裂かれて殺された。人通りの多い往来でのその早業は人殺しを生業にしている者の仕業と思われ、南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵は、「始末屋」が絡んでいると睨む。久蔵は探索を進めるが、逆に始末屋に手先の1人を殺されてしまう。久蔵と始末屋の闘いは激しさを増すが──。
好評シリーズ第8弾!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年05月24日
紙の本の発売
2013年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年02月24日

20160224 初の長編。やはり一人くらい亡くなる。これはしょうがない事なのか。今回は、長編のせいで短編より久蔵の男気が光るような気がした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています