ため息の時間

ため息の時間

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ──。完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。妻が化粧をするのを許さなかった原田。婚約寸前の彼女がいるのに社内で二股をかけた洪一。仕事のために取引先の年上女性に近づく孝次…。裏切られても、傷つけられても、性懲りもなく惹かれあってしまう、恋をせずにいられない男と女のための恋愛小説9篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月31日
紙の本の発売
2004年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ため息の時間 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年01月11日

    女性作家による、男性が主人公の短編集。
    男女の関係を大胆に(セックスの話多め)赤裸々に(セックスの話多め)描く。
    サイコサスペンス、ホラーなどの要素が強く、純粋に読み物としての面白さもじゅうぶん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月25日

    「夜の匂い」「僕の愛しい人」「分身」には驚きと寒気がした。
    また、どの短篇の中にも性描写が書かれており、生々しさがあったが、最後の「父が帰る日」は何かホッとさせる話であり気持ち良く読み終えることができたので大満足です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月12日

    「私ね、ずっと考えていたの」
    「どうせ奥さんになれないのだから」
    「あなたの子供になれたらいいのにって」

    (口紅/夜の匂い/終の季節/言い分/僕の愛しい人/バス・ストップ/濡れ羽色/分身/父が帰る日)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月12日

    男性目線で女性を描いた9つの短編。
    ただ少し愛し方を間違えただけ。
    それぞれの男性主人公の身勝手さに言葉が出ない。話にオチがあり(非現実的だったり)男は痛い目に合う(自業自得的に)。女性のしたたかさが際立っていた。
    個性に富んでさくさく読める面白さだった。一時間完結ドラマになりそうな題材だと思った。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月03日

    「ったく、男ってばよぉ」と男のズルさに嫌気がさすが、「女はやはり、したたかよのぉ」そんな気持ちにさせられる恋愛9短編集。男がぎゃふんと言う話が多いのだが.....好みの話はブリッコ女とサバサバ女の狭間で揺れる『言い分』、ラストに驚いた『分身』、ざまーみろな『バス・ストップ』。『終の季節』と『父が帰る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月29日

    唯川作品では珍しい男性視点の短編集でした。女の怖さ、狡さを知っているからか、出てくる女性がなんだか怖い!男って…と思いながら読むか、女って…と思いながら読むか…。一度で二度も楽しめる本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    「口紅」
    入院した余命僅かな妻が口紅を欲しいと言った。
    原田は妻が化粧するのを好まなかった。一度だけ妻が薄く化粧した時も、化粧をするなと怒った。

    →気付かず失ったものは大きいんだなーと思った。

    「夜の匂い」
    井沢は地味な女幹子と付き合い始めた。結婚も意識していた。
    だが、幹子の友人のまり絵が頻繁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月01日

    読みやすかった。どれもサラッと読めた。

    「口紅」「終の季節」「僕の愛しい人」「父の帰る日」が好きだった。

    「言い分」は何から何まで告げ口する男にイライラした。あの男は何がしたいのかしら。この男と結婚しても絶対ロクなことにならないにちがいないのに、女2人がこの男に執着するのも意味がわからないって感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月24日

    【本の内容】
    愛したことが間違いなんじゃない。

    ただ少し、愛し方を間違えただけ-。

    完璧に家事をこなす妻を裏切り、若い女と浮気する木島。

    妻が化粧をするのを許さなかった原田。

    婚約寸前の彼女がいるのに社内で二股かけた洪一。

    仕事のために取引先の年上女性に近づく孝次…。

    裏切られても、傷つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月05日

    自分ももしかしたら陥りそうなリアルさがあって一気に読みました。
    男の目線で欠かれているのがこの作者に関して新鮮でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング