金四郎の妻ですが2

金四郎の妻ですが2

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

遊び人遠山金四郎のもとに嫁見習いとして押しかけてきた大身旗本の娘、けい。
町人暮らしにも慣れてきた矢先、金四郎に借金の請人になったと告げられる。金を借りたのは“天ぷら”なる新しい料理を提供する店の主だった。
返済の鍵は、天ぷらをいかにして流行らせるか――けいと金四郎は頭をひねるが、そこには二人をつけ狙う、巧妙な罠が仕掛けられていて……。
好評シリーズ第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2020年02月07日
紙の本の発売
2020年01月
サイズ(目安)
3MB

金四郎の妻ですが2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    楽しい

    Sart 2020年04月09日

    読み進むにつれ、読み易く、筋書きも面白くとても楽しく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    金四郎の妻ですがシリーズ第二弾。
    第一弾に引き続き、会話のテンポがよくてさくさく読める。
    新キャラクターの綾さんがなかなか強烈で、これから三人でどうお話が展開していくのか楽しみ。ストーリー中で大きな山が訪れなかったのがすこし残念。
    登場する料理がなんだかとても美味しそうで、お腹がすく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    金四郎の妻第二弾。

    押しかけ女房の次は押しかけ女中。
    おけいの女中をしていた彩が船宿を手伝いに来る。
    もともと豪商の呉服屋の娘のせいか、
    商売の才覚をばりばり発揮する彩。

    一方、金四郎は天婦羅屋の請人を調子良く引き受けてしまったが、
    長崎奉行の息子と知っての罠であり、
    最後には天婦羅勝負をするこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月22日

    この方の書く女性がかわいいんだよなあ。
    今回は彩も参戦。彼女は強すぎるけど、けいを尊重しながら理解できるけど理解したくないという態度が面白いわー。
    勝負は運もあるけれど、お客としていたならば確かにあれは負けちゃうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    なんとなく互いに気に入ってる様子の金四郎とけい。
    見習い押し掛け女房の見習いはいつ頃取れる?

    実家に奉公していた大店の娘彩。2歳年上のしっかりものは、けいが気になって仕方がない。
    船宿の看板娘として、手伝いしていたが、あまりの評判に、彩に助けを求めると、、、。

    3人目のキャラ登場!
    彩の采配も功...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

金四郎の妻ですが のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 金四郎の妻ですが
    715円(税込)
    「嫁に行くがよい」大身旗本の娘けいは、ある日突然、父親から嫁ぐよう命じられる。 相手はなんと博打打ちの遊び人。しかも武士の暮らしを捨てたという―男の名は遠山金四郎。 覚悟を決めて金四郎を訪ねたけいだったが、目にしたのは、口は悪いが老若男女から頼りにされる金四郎の姿だった。 そんな矢先、近隣で殺しが発生。なぜかけいも探索に付き合うことに……!?
  • 金四郎の妻ですが2
    693円(税込)
    遊び人遠山金四郎のもとに嫁見習いとして押しかけてきた大身旗本の娘、けい。 町人暮らしにも慣れてきた矢先、金四郎に借金の請人になったと告げられる。金を借りたのは“天ぷら”なる新しい料理を提供する店の主だった。 返済の鍵は、天ぷらをいかにして流行らせるか――けいと金四郎は頭をひねるが、そこには二人をつけ狙う、巧妙な罠が仕掛けられていて……。 好評シリーズ第2弾!
  • 金四郎の妻ですが3
    715円(税込)
    「一月以内に女房と認められなければ、他の男との縁談を進める」と、けいは父親から宣告され……!? 大人気!夫婦(未満)の捕物帳。 大身旗本の娘けいが、遊び人遠山金四郎のもとに押しかけて早一年。 まるで進展がないことに業を煮やした父親から、けいは「一月以内に女房と認められなければ、他の男との縁談を進める」と言い渡されてしまう。 金四郎から王子の滝浴みに誘われ、心をつかむ好機とばかりに意気込むが、なぜかそこに火盗改めの姿が。 成り行き上、探索に協力することになった二人だが……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

祥伝社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング