いなかのせんきょ

いなかのせんきょ

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

さあ、寄ってらっしゃい。鄙びた寒村・戸蔭村でン十年ぶりに選挙があるよ。真面目一徹、村を愛する村議・深沢清春に対するは、実力者を推薦人にずらりと揃えたエリート助役。人は足りない金もない。ないない尽くしの清春が、家族を頼りに打って出た、一世一代の大勝負の行方や如何に!? 地方発、こんな候補でニッポンが変わる。笑いあり、涙ありの痛快選挙小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2018年03月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

いなかのせんきょ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年08月01日

    とある寒村で数十年ぶりに村長選挙が行われることになった。元村議の深沢清春は、助役に唆されて立候補するも、その助役が突然対抗馬として村内の実力者たちの支持を得て選挙戦がスタートする。

    田舎ならではの濃密な人間関係と事なかれ主義、過半数以上の票を押さえられた対抗馬をいかに逆転していくのか。

    漫談風の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月21日

    のどかな山村で巻き起こる、村長選挙の人間模様。
    ユーモアを交えながら小気味良いテンポで描かれ、どんどんと引きこまれていきました。
    村が抱えている問題点や選挙をめぐるドタバタは、結構リアルかも。
    本当にこんな村があって、本当にこんな選挙があるんじゃないかと思わせます。
    選挙事務所に煎餅、ありそうですよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月01日

    気分爽快!こんな楽しい選挙があっていいのか。首長に立候補する人は、まあとりあえずこんな本を読んでからにするといいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月01日

    日本の小さな山村で起こる、選挙を巡る騒動。実際に起こってそうな展開が繰り広げられて、読んでて苦笑いな描写もあり興味深かった。落語やラジオドラマが出来たら、聞いてみたい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月03日

    本書は鄙びた寒村である戸蔭村を舞台とした痛快選挙小説である。主人公の深沢清春は成り行きから選挙に出る事になりますが、人もなければ金も無い清春がとった方法は如何にとったお話です。結果、リアルで笑える一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    え、この舞台はもしや…?
    と思うほどにリアルな村がそこに(笑)田舎の選挙を舞台に、地方都市、日本の今をも考えさせられる作品。面白かったです。戸蔭村に親近感がわいたぶん、楽しめたのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これくらいド真剣に自治体のことを考えてくれる首長さんって日本にどれくらいいるんだろうか。けれど、こういう人がいないとダメなんだろうなあ。(2009.09.07)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月14日

    なかなかいい味出してる。
    題名通り、田舎の選挙の話なのだが、まず、語り手が講談調で引き込まれる。戸蔭村という寒村で町長選に出ることになった深沢清春は真面目一徹、人望もある。しかし、相手側が悪く、劣勢だ。そこで家族総出で力やアイデアを出しあい勝負に出るのだが、ほのぼのと笑える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月09日

    手軽に読める娯楽作。
    この本を読んで現代日本の地方の縮図だとか、政治・民主主義の未成熟だとかそういう野暮を言ってはいけません。呑気に楽しめばそれで良し。
    ただこんなお気楽なエンターテイメントばかりに浸っているのはどうかとは思います、要するに何でも適度にということですな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月27日

    一気に読みました。
    漫談のような語り口が面白い。
    でも、もう少し選挙を忠実に丁寧に書いてほしかった。
    開票結果は何票だったんだろう?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています