映画じゃない日々

映画じゃない日々

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「あんな男といたら、不幸になるよ」この台詞があたしに突き刺さったのは、基樹と離れられない自分と重なったから。彼は浮気をしている。別れなきゃと言い聞かせても、今はただ一緒にいたい……(「彼女じゃないあたし」)ある映画を通して、戸惑い、嫉妬、希望――不器用に揺れ動く女性のリアルな感情を綴った8つの物語。それぞれに短歌を添えて贈る切ない小説集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2017年06月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

映画じゃない日々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    ある小さな映画館の同じ上映時間に居合わせた女性たちの連作短編。

    高校生、大学生、OL、主婦、フリーター、転職活動中、そして主演女優。


    年齢も置かれている状況も違うけれど、
    それぞれのストーリーに共感できる言葉や思いが
    ちりばめられている。

    登場人物たちは、人から見たら些細なことかもしれないよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    短編集だけど、それぞれの話がリンクしている部分があります。
    女の子の気持ちがリアルに描かれていて、共感する部分もありました。
    加藤千恵さんの文章は、すーっと入ってきて読みやすいですね。

    他の著書も読んでみようと思いました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月17日

    あ゛ーーーー、私がたくさんいた。
    高校生のときに体育祭の練習をサボって一人で映画を見に行ったし、優越感に浸りたくてでもなんか傷ついたのは自分だったこともあるし、バイトしてたから普通に就職して結婚している友人に強がってみせたこともあるし、嫌いな子だってもちろんいるし、無職経験者だし(私は何回か職業の蘭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月09日

    加藤千恵さんらしい作品に加藤千恵さんらしい短歌が添えられた、良い作品でした。
    佐藤真由美さんの解説も良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月28日

    けっこう好きな作品です。
    この人の文章はあんまりクセがなくて、読みやすいと思います。

    ひとつの映画に対して、登場人物がそれぞれの立ち位置から見る角度がちょっとずつ変わってて、著者の感性に惹かれるきっかけになった一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    ハッピーアイスクリームの短歌に共感しまくった私は千恵さんの短歌が載ってる、ということで即買い。

    加藤千恵さんは短歌も好きだけど小説も好き。

    何でもない閉塞的などこにてもある日常を切り取るのがすごく上手い。

    ひとつの映画を軸にしていろんな人の話が展開していく。

    すぐ忘れちゃいそうだけど確実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月11日

    連作短編というのはよくあるけれど、これは「同じ日の同じ映画館の同じ回を観ていた」7人と、スペシャルゲストとでもいうべき8人目、という形が面白い。

    同じ映画を観ても、つまらん人もいれば良かった人も。しかも良かったと思っているくせにそう言えない人も。女子高生にOL、主婦、フリーター、女子大生と、どの女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月14日

    購入当時、映画館で映画をみる事が増えそれが楽しかったので、映画をテーマにした加藤千恵のこの小説が読みたいと思った。
    前からすこし気になっていたし。

    共感したりなるほどと思ったり、登場人物の暮らしぶりにへぇと思ったけれど、そこまで響かなかったな。
    なんか、文が固いというか何というか…そんな印象をどの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月17日

    同じ映画館で同じ映画を見た女性たちそれぞれの話。目立つこともない普通の人たちにもそれぞれ悩みやストーリーがある。
    加藤さんの言葉は綺麗だな、と思う。
    この言葉書き写したい!と思う箇所がいくつもある。
    ただ私的にはハニービターハニーとかの方が良かったかな。友達に読ませたいと思う話はあったけど、あたし自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月20日

    ひとつの映画を通じて、女子高生から主婦にいたるまで、いろんな女性の思いがつづられた作品。

    全体的に悩みを抱えた人達のお話しなので明るい雰囲気はないけれども、いろいろと女性について考えるのに参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています