神苦楽島(かぐらじま)下
  • 最新刊

神苦楽島(かぐらじま)下

作者名 :
通常価格 597円 (543円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「浅見光彦シリーズ」、『神苦楽島』の舞台は淡路島。秋葉原で若い女性の不審死に遭遇した浅見光彦は、出張先の淡路にて日本神話、民俗、古くからの習慣が絡み合う、不可解な殺人事件に巻き込まれる。やがて政治家の陰謀まで見え隠れし、事件の背後にある組織に光彦は戦慄(せんりつ)するのだった──。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
308ページ
電子版発売日
2013年01月25日
紙の本の発売
2012年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

神苦楽島(かぐらじま)下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    光彦が大物に会えたりとか、御都合主義的なトコロはあるものの、全体としては分かりやすい(犯人がではなく、ストーリィが)。
    これまでとはちょっと毛色が違うというか、流れが変わる1作になるのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月23日

    (上巻より続く)

    今までの携帯電話を持っていない浅見光彦は、
    現実味が薄く小説の中の主人公として理解していたのに、
    「ケータイ」を持ったとたん、
    普通の人となり、実際の人物「内田康夫」っぽくなってしまった、
    というのはうがち過ぎだろうか?

    ただの私の感覚というか、勘違いだと思うが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月01日

    団体さんとは別のところに話は落ち着いて一安心。
    いつもなら団体さんが出てくると、
    最後はグデグテになって、なんじゃこらな結末だが
    そうはならずに楽しく読ませていただきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    下巻に入ってもこんなもんかという感じ。

    よくできてるんですが、私にはいまひとつ。

    相性が悪かったようです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    事件の謎、としてはあんまりすっきりしなかったかな。でももはや浅見光彦シリーズは、そういうのとは違うところにあるからね。
    難しくなく、知識にもなって、ストレスなく読めるある部分では鉄板もの。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月13日

    解決の仕方がちょっとと思ってしまうんだよね。
    浅見刑事局長の弟だからなのか話が大きすぎて収拾がつかないからなのか犯人が自殺で終わるのは…途中で終わったような気がしてスッキリしない。

    このレビューは参考になりましたか?

神苦楽島(かぐらじま) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 神苦楽島(かぐらじま)上
    「浅見光彦シリーズ」、『神苦楽島』の舞台は淡路島。秋葉原で若い女性の不審死に遭遇した浅見光彦は、出張先の淡路にて日本神話、民俗、古くからの習慣が絡み合う、不可解な殺人事件に巻き込まれる。やがて政治家の陰謀まで見え隠れし、事件の背後にある組織に光彦は戦慄(せんりつ)するのだった──。
  • 神苦楽島(かぐらじま)下
    「浅見光彦シリーズ」、『神苦楽島』の舞台は淡路島。秋葉原で若い女性の不審死に遭遇した浅見光彦は、出張先の淡路にて日本神話、民俗、古くからの習慣が絡み合う、不可解な殺人事件に巻き込まれる。やがて政治家の陰謀まで見え隠れし、事件の背後にある組織に光彦は戦慄(せんりつ)するのだった──。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています