透明な遺書

透明な遺書

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「警察は自殺だと言ってます。でも、私は自殺だなんて信じてません」福島県喜多方で排ガス自殺と断定された父の死因を承服できない清野翠。翠の父の友人であった「歴史と旅」藤田編集長の依頼をうけて浅見光彦は、彼女とともに残された“透明な遺書”をよりどころに、正々堂々、喜多方にむかうのだが。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
504ページ
電子版発売日
2013年08月09日
紙の本の発売
1996年03月
サイズ(目安)
1MB

透明な遺書 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月28日

    何度も読み返しているくらい好きな作品。

    父親の死を自殺として処理された娘が、他殺だと言い、
    藤田が光彦に捜査を依頼する。。。

    車の中に残されていた中身のない遺書「透明な遺書」の謎を紐といていく…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    父のガス自殺を信じることが出来ない娘。
    父の友人である藤田編集長経由で浅見光彦に事件の解明を依頼する。
    汚職、警察失墜など社会の腐敗が底辺にある。
    途中、いつもは警察から身元を調査されて身元が明らかになる光彦が自ら身元を明かす。
    それだけに、決意のようなものがみえて、根が深い問題だと感じられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月25日

    「警察は自殺だと言ってます。でも、私は自殺だなんて信じてません」

    真実を調べる依頼を頼まれた主人公。


    「そうか透明とはそういうことだったのか……」
    を、期待して読んでいたんですが

    警察が絡み、暴力団が絡み、政治が絡み、
    最後は「あぁ……、そういうことね……」と落胆。

    シリーズの内の一作のよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング