風のなかの櫻香

風のなかの櫻香

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

奈良の由緒ある尼寺・尊宮寺の養女として迎えられた櫻香(さくらこ)は、尼僧・妙蓮たちに大切に育てられた。尼になることに疑問を抱くことなく育った櫻香だったが、中学生になると不審な事件が相次ぐ。「櫻香を出家させるな」と書かれた差出人不明の手紙、突然声をかけてきた見知らぬ女性――。不安を覚えた妙蓮は、浅見光彦に相談を持ちかける。謎に包まれた櫻香出生の秘密を浅見光彦が解く!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年02月28日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

風のなかの櫻香 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    名探偵、浅見光彦シリーズの最後の方の作品です。浅見光彦ものは原作は若いころに2冊くらい読んだ程度ですがテレビドラマは結構見てます。ドラマ版が面白かったので、久しぶりに原作を読んでみました。
    この作品の魅力はなんといっても主人公の櫻香(さくらこ)ですかね。誰もがこの少女に魅かれると思います。テレビドラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月25日

    内容(「BOOK」データベースより)
    奈良の由緒ある尼寺・尊宮寺の養女として迎えられた櫻香は、尼僧・妙蓮たちに大切に育てられた。尼になることに疑問を抱くことなく育った櫻香だったが、中学生になると不審な事件が相次ぐ。「櫻香を出家させるな」と書かれた差出人不明の手紙、突然声をかけてきた見知らぬ女性―。不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月14日

    久しぶりに読んだ、浅見光彦シリーズ。
    実在する奈良中宮寺を舞台にしたお話しで、ヒロイン櫻香の言葉から尼寺の教えの一端に触れられる。
    和顔でいる。いつも優しい笑みを湛えているという意味だが、和というやわらかい言葉に顔という字の組み合わせは、いかにも尼寺での言葉と感じさせる。中学1年生の櫻香はあまりにで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    浅見光彦シリーズのフォーマットは期待通り踏襲。今回の舞台は地元に近い鳥羽や名張なので(奈良が中心だけど)、なんと言うのか、うんうん(^_^)て読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月20日

    生まれてまもなく何者かによって捨てられた櫻香は、やがて尼寺に引き取られ養女となる。
    聡明なうえに美しく育った櫻香は、いまの生活に何の疑問を抱くこともなく穏やかに生活していた。
    しかし、見慣れぬ人たちが周辺に現れはじめてから様子は一変する。
    母の知り合いだった尼寺の関係者より依頼を受け、光彦は櫻香に対...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月06日

    奈良の中宮寺(本文中では尊宮寺)をモデルにした舞台で、尼寺の養女となった櫻香の出生の秘密を、例によって行きあたりばったり手掛かりに遭遇して解決していくというお話。

    最近の浅見ものは、昔風のミステリ原則からすると、こういう結末は有り?というのが多く、本書もそうだったんですが、、、

    テレビで浅見もの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月29日

    尼寺や尼僧の話はとっても興味深かった。
    話も途中まではよかったけど・・・

    いつも思うけど結末がちょっとって思うものが多い。
    犯人があの人で解決の仕方があれではミステリーとしてどうよってね^_^;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    5歳まで施設で育ち、尼寺に養女に迎えられた美少女・櫻香(さくらこ)。中学生になった彼女の周りに、次々に不審な出来事が起こる――。奈良、尼寺から始まった謎を追い、浅見光彦は、鳥羽へ向かうが……!? 平城京遷都1300年記念作品。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング