内田康夫の一覧

「内田康夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:内田康夫(ウチダヤスオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1934年11月15日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東洋大学文学部卒。旅情ミステリー作家の代表的人物。代表作(シリーズ)には『浅見光彦シリーズ』、『岡部警部シリーズ』、『信濃のコロンボシリーズ』など多数の作品がある。作品の多くはテレビドラマ化されており、長期にわたるシリーズものとして定着している。

作品一覧

2022/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 浅見光彦ミステリースペシャル 城崎殺人事件

    やはり浅見光彦シリーズは面白い

    ドラマ化したものもコミックもこれに勝るものはない
    光彦と御母堂との旅は最高
    城崎温泉に行きたくなった
  • 歌わない笛
    スッと読めた。僕の地元が舞台で、地元で有名な一悶着が題材だったり、僕自身の父親や大叔父(名前は光彦)の仕事場町内が事件の発生現場になってたり、地元でしか聞かないようなマイナー名字の登場人物が目白押しだったり、通常とは違う意味で楽しかったかも。
  • 遺譜 浅見光彦最後の事件 下
    相変わらず、歴史的な話のどこからどこまでがホントだか解んない造り。誰か、光彦坊っちゃんと佐和さんの子供が探偵になったスピンオフでも書いてくれないかな。
  • 靖国への帰還
    再読

    最後のシーンだけなぜか印象に残っていて、間の記憶がすっぽり抜けていた。
    確認の意味も込めて今回読み直してみた。

    平和な世の中にポイと放り込まれた武者中尉が、
    タイムスリップした理由について考え続けるのがリアル。
    当時の方なら遊び惚けるという思考にはならなさそうだもんなぁ。
    にしたって、せっ...続きを読む
  • 恐山殺人事件
    イタコ‥北から来る男に‥というセリフが
    読んでいて頭から離れなかった。色々な
    出来事や事件など起こるそれを浅見光彦 
    我またも解決してしまう。面白かった
    そして悲しい物語でもあった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!