八丁堀吟味帳「鬼彦組」 心変り

八丁堀吟味帳「鬼彦組」 心変り

作者名 :
通常価格 621円 (565円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

鳥羽亮の大人気書き下ろしシリーズ「鬼彦組」第7弾! 裕福な商家を狙い、幕府の御用を騙って戸を開けさせ、残忍な強盗殺人をはたらく「御用党」。江戸の町に次々と被害が出るなかで、気心の知れた同心たちを率いる彦坂新十郎は、奉行・榊原から特命を受けて捜査にあたることになった。鬼彦組は犯人を追いつめるが、彼らは卑劣な手に打ってでた――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
八丁堀吟味帳シリーズ
ページ数
290ページ
電子版発売日
2014年10月03日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

八丁堀吟味帳「鬼彦組」 心変り のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月01日

    第七弾
    集団で活躍はいいが、今回は作者得意のある藩の内紛絡み
    理屈はともかく一方に肩入れするのは?

    このレビューは参考になりましたか?

八丁堀吟味帳 鬼彦組 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 八丁堀吟味帳 鬼彦組
    660円(税込)
    「鬼彦組」。それは北町奉行所吟味方の鬼与力、彦坂新十郎の許に集まった、有能で個性豊かな同心衆のことである。普段は一人で行動する、定廻り同心、臨時廻り同心が、大きな事件が起きると彦坂の下に集結し、解決にあたるのだ。北町奉行所同心の横川とその手下が惨殺体で発見された。二人が調べていたのは、三ヶ月前大川でおきた不審な入水心中。その謎を探るべく、鬼彦組が動き出した。書き下ろし文庫シリーズ第一弾!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 謀殺
    北町奉行所吟味方与力・彦坂新十郎がたばねる同心衆「鬼彦組」。中西派一刀流の達人「倉田佐之助」、検死の達人「屍視の彦兵衛」、普段は温和な「仏の旦那」、常にぶつぶつ「ぼやきの源さん」など、個性豊かな同心たちが、難解な事件を解決する。日本橋にある呉服屋「福田屋」の手代が自殺にみせかけて殺された。さらに数日後、今度は番頭らが辻斬りにあう。次第に犯人を追いつめていく鬼彦組だが……。シリーズ第二弾!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 闇の首魁
    北町奉行所吟味方与力・彦坂新十郎。彼の率いる個性豊かな同心衆「鬼彦組」は、町人同士の諍いに偽装された殺人の捜査をはじめた。しかし、死んだ、武士と思われる人物が誰なのか皆目分からないまま時がすぎる。おぼろげに見えてきた真実。だが、この事件の調べを、同じ奉行所の上司や同僚が阻もうとする。背後に潜む町方の裁量を越える深い闇。窮地に立たされる彦坂たち。どんな悪も許さない、鬼彦組はどう動く? シリーズ第三弾。
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 裏切り
    鳥羽亮さんの大人気シリーズ最新作、江戸の街をかける北町奉行所の特別捜査チーム「鬼彦組」が今回も大活躍します! 日本橋の両替商を強盗が襲います。番頭に蔵を開けさせて惨殺するという残忍さですが、店へと入りこんだ手口は10年前「穴熊」と呼ばれた盗賊と同一でした。しかし、かつて「穴熊一味」は殺しを一切しなかったはず。与力・彦坂新十郎が率いる鬼彦組の同心たちは、手がかりを求めてかつての穴熊一味の男を探しだすも、先廻りされたように殺されてしまいます。鬼彦組とは別に、誰かが彼らを追っている? 時代小説+警察小説をぜひお楽しみください!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 はやり薬
    子どもたちに流行風邪が蔓延した。人気の医者は引っ張りダコだ。そんな医者のひとり・玄泉が出す万寿丸は値が高額ながら大流行。折も折、万寿丸は効かないと直言していた町医者・東庵が殺された。他にも不審な殺人の多い玄泉周辺を、北町奉行所の特別捜査班「鬼彦組」が洗いはじめると――。鳥羽亮の大人気書き下ろし小説!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 謎小町
    先頃江戸を荒らしまわった千住小僧を追っていた北町奉行所同心が、暗殺された。手がかりは「闇小町」という名前だけだ。例繰方の宮林が記録を手繰ると、そこに意外な真実が隠されていた。いよいよ北町奉行所捜査班「鬼彦組」が動き出す。だが、闇の奥にもあった親子の情が行く手を阻むのだった。鳥羽亮の大人気書き下ろし小説シリーズ!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 心変り
    鳥羽亮の大人気書き下ろしシリーズ「鬼彦組」第7弾! 裕福な商家を狙い、幕府の御用を騙って戸を開けさせ、残忍な強盗殺人をはたらく「御用党」。江戸の町に次々と被害が出るなかで、気心の知れた同心たちを率いる彦坂新十郎は、奉行・榊原から特命を受けて捜査にあたることになった。鬼彦組は犯人を追いつめるが、彼らは卑劣な手に打ってでた――。
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 惑い月
    鬼彦組衆・同心倉田の剣が冴える第8弾! 裏賭場を捜査していた岡っ引きが殺され、指揮していた同心にも脅迫が。精鋭同心衆の「鬼彦組」が動き出す!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 七変化
    気鋭の同心軍団「鬼彦組」の活躍する大人気シリーズ9弾! 北町奉行所与力・彦坂新十郎に遅い春が訪れた。しかし、父を失った娘による復讐の魔の手が「鬼彦組」の面々に忍び寄ってきた!
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 雨中の死闘
    連続襲撃事件が勃発! 鬼彦組の最大の危機 鬼彦組同心の御用聞きが続けて襲撃された。同心の利根崎も探索中に襲われて負傷……鬼彦組の最大の危機! 人気シリーズ第10弾。
  • 八丁堀吟味帳「鬼彦組」 顔なし勘兵衛
    新十郎を「顔なし」が襲う! 「鬼彦組」最大の危機! ある夜斬殺された廻船問屋のあるじと手代。 「鬼彦組」が賊を探るが、なんと彦坂新十郎が襲撃され傷を負う……迫真のシリーズ最終作。 ある夜、廻船問屋「黒田屋」のあるじと手代が惨殺された。 太刀筋や傷痕からすると賊は複数と思われる。 北町奉行所の精鋭の同心たちを集めた「鬼彦組」は探査を始めるが、組を率いる彦坂新十郎が突然の襲撃に手負いとなり……。 「顔のない」賊の正体は、果たして――。

八丁堀吟味帳 鬼彦組 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

八丁堀吟味帳 鬼彦組 に関連する特集・キャンペーン