茜色の橋 剣客旗本奮闘記

茜色の橋 剣客旗本奮闘記

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

江戸を騒がす迅雷の突きに正義の剣がうなりをあげる! 十六夜の月の出る夜、神田川沿いの通りで、旗本の家臣二人が辻斬りにあい絶命した。非役の旗本・青井市之介が現場へ向うと、殺された家臣の右手は血に染まっていた。籠手を突く手練の剣の遣い手が下手人と見た市之介は、御徒目付の糸川俊太郎とともに事件の真相に迫る。やがて三人の武士に疑惑が持ち上がるが、市之介にも悪党どもの刃が……好評シリーズ待望の第二弾!

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

茜色の橋 剣客旗本奮闘記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月05日

    内容はともかく表現が好みではなかった。ちと残念だったんだけど、好きな人は多いのかな・・・どうにもグロイと感じちゃった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月26日

    泉吉は差し詰め、松山英太郎か中谷一郎辺りってことになりますかね?
    これで手薄な感のあった、脇役陣も厚みが出てくるのかな?

    それよりも、もう少し女性陣の出番を増やして欲しいような気がしないでもないらしいと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月03日

    第二弾
    作者のこれまでの物と大差なし
    時代物はこれでいいのかもしれない
    登場人物(脇役)に変化を持たさないと、続けるのはシンドイか

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています