平台がおまちかね

平台がおまちかね

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本が好き。でも、とある理由で編集部には行きたくなかった出版社の新人営業マン、井辻くんは個性的な面々に囲まれつつ今日も書店で奮闘中! 平台に何十冊と積み上げられた自社本と、それを彩る心のこもった手書きの看板とポップ。たくさん本を売ってくれたお礼を言いに書店を訪ねると、店長には何故か冷たくあしらわれ……。自社主催の文学賞の贈呈式では当日、受賞者が会場に現れない!? 本と書店を愛する全ての人に捧げるハートフル・ミステリを五編収録。新人営業マンの成長と活躍を描く〈井辻智紀の業務日誌〉シリーズ第一弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
306ページ
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

平台がおまちかね のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    出版社の書店回りの営業マンのお話。他社の営業マンとはきっとドロドロした人間関係だと思いますが、この本ではある時は助け合い、ある時はフェアなライバル関係で競い合う。穏やかな気持ちで読むことができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    出版社や書店、それに関わる本を愛する人たちの面白くも考えさせられる1冊でした。

    出版社や書店、取次、読者とそれぞれの立場がありながらも本を愛する気持ちや素敵な本が売れてほしいという気持ちは同じで、日々頑張っている人がたくさんいることを感じることができました。

    今はネットショッピングや電子書籍で簡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    書店が舞台の小説はいくつか読んだけど、営業さん視点は初めて。
    まだ営業として独り立ちして間もない主人公は前任者の評判に負けじと仕事をこなしていく。
    誠実でまっすぐな人柄は素直にいいなと思えた。
    担当店舗がかぶることでよく顔を合わせるという他社の営業との関係も不思議で面白い。
    ライバルだけど同志みたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

    本好きの人にはお勧めの本でしょう。
    出版社の営業とはどんな人たちなのかというものが、ものすごくよくわかる本です。
    書店の平台に並ぶ本が、こんな熾烈な争いの中で並んでいるのかと思うと、じっくり目当ての本以外にも目をやらないとなぁと思いました。
    いろんな本屋に行って見比べたくなる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    書店員さん、出版の編集さんのドラマや本が続いてしまったので、ちょっと食傷気味になってしまった。この本は、出版社の営業さんのお話し。営業さんの苦労やちょっとした謎があって、目先が変わって楽しめる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月22日

    中堅出版社の新人営業マン、井辻智紀の成長物語。
    内容としてはほのぼの系。他社の個性的な営業マンとのやり取りもライバル、というよりはお互い協力しあって本が売れるようにしていこう、的な感じで微笑ましいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月25日

    読むのにものすごく時間がかかっちゃった。読み出すと眠くなっちゃうの。すごく疲れている時期に読んでしまったみたい。読んでいてもすぐ寝てしまうので、つまらないのかな、やめようかなと思ったけど、書店物好きとしては、途中で投げ出す気にもなれずなんとか読み切った。続きが気になるような終わりで、次に本も読みたく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月21日

    最近読んでなかなか楽しめたのでさらにもう一冊読んでみました。「配達あかずきん」では書店員ミステリー。この作品は出版社の営業ミステリーです。
    基本的に短編よりも連作の方が入り込みやすくて好きです。
    これも中堅出版社の新人営業の井辻君が、書店に纏わるトラブルを解決していく話なのです。例によって誰も死なな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月28日

    日常系の謎とその謎解きの部分は、それほどいいとも思わないけど、出版社の営業マンという派手なんだか地味なんだかよく判らない部分にスポットを当てたところが、珍しくて興味深く読んだ。
    ひつじ君のキャラも、周りのライバル会社の営業マンのキャラも楽しいし、「絵本の神様」や「贈呈式で会いましょう」のエピソードは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月25日

    1話を読んでいるときは、おぉ、いつもより面白いとか思っていましたが、新シリーズだとは思っていなくて、いつこの事件、成風堂書店もちこまれて店員の女の子たちが出てくるのだろうと、最後の最後まで思っていました。
    まあ、ちょっと男を理想化しすぎている気もしますが、じつは、成風堂書店事件メモのシリーズよりも、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

平台がおまちかね に関連する特集・キャンペーン