信長協奏曲(19)
  • 最新刊

信長協奏曲(19)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 530円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大きな潮目を前に!!

帰蝶は、信長と光秀の顔が同じことを知っていた。
その事実に気づいたサブローとおゆき。
だが家の中に大きな変化はなく、
一方で、時代の中で織田勢は
ますます存在感を増していく・・・。

いよいよ武田攻めの時が迫る…!

羽柴勢の怪しげなうごめきは絶えず、
いよいよ、「本能寺」のその時も迫っていて…

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ゲッサン
ページ数
194ページ
電子版発売日
2019年12月12日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

新刊オート購入

    購入済み

    いよいよ

    たかま 2019年12月19日

    終盤に差し掛かってきました。
    終わるのは寂しいけど、どう落とすのか非常に気になります。誰にも不幸になってほしくないなぁ…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最後が近い!

    みや 2019年12月16日

    どんどん終わりに向けて話が進んでいきます。
    まだ続いて欲しい。メインの登場人物がほとんど出てきてて面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~19巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~19件目 / 19件
  • 信長協奏曲(11)
    462円(税込)
    上杉の女忍であり、信長夫人・帰蝶の侍女であるおゆき。織田家と上杉家の対立激化によりその運命が大きく動き出す!越後から来た密命は「織田信長の暗殺」。どうするおゆき!?
  • 信長協奏曲(12)
    462円(税込)
    ついに越後の龍、動く。 上杉謙信自らが率いる軍勢と対峙する織田軍。 だが、サブローのいない陣中で 不穏な動きを見せる羽柴秀吉・秀長兄弟。 さらには松永久秀までもが…!? 戦国乱世が風雲急を告げる12巻!
  • 信長協奏曲(13)
    462円(税込)
    松永久秀、謀反!! 信貴山城の戦いの形勢は織田軍に傾き、 久秀の命運は尽きようとしていた… 降伏の説得に訪れた森長可に久秀が語った、 今際の際の言葉とは…!? 一方で、織田家中に於いても 旅立つ者あり、 バレる秘密ありと問題続出…! 内外に嵐が吹き荒れる…第13巻!!
  • 信長協奏曲(14)
    462円(税込)
    上杉謙信、死す!! 打倒信長の重要人物を失った足利義昭は、 新たな共謀者を得ようと、織田家武将からの寝返りを 画策する!毛利家の外交僧・安国寺恵瓊の助言のもと、 標的となったのはあの人物…!! 緊張感漂う情勢の最中、織田家内ではサブローの思いつきにより再びあのイベントが開催されて…!?
  • 信長協奏曲(15)
    462円(税込)
    荒木村重謀反!! 反織田勢の機運が高まる中国方面の戦況を 裏で操るは、将軍・足利義昭。 そんな義昭と秀吉を結ぶ意外なきっかけは…!? 片や、秀吉に疑いの目を向ける竹中半兵衛の元に とある情報が転がり込み…! 戦国に、思惑錯綜する第15巻!!
  • 信長協奏曲(16)
    462円(税込)
    サブローと秀吉、対面…一触即発!? 今は亡き竹中半兵衛が 突き止めた「秀吉の真実」は ついに、サブローの耳へと入る。 早速秀吉を呼び出すサブローに、 織田家の主従関係崩壊の危機!? 一方で織田家優勢に傾く中国攻めの 戦況に、毛利方にもついに動きが…!
  • 信長協奏曲(17)
    462円(税込)
    ミッチーと帰蝶、禁断のひととき…!? 毛利方への内通を疑われた秀吉の奮迅たる活躍で、進む中国方面攻め!! また一歩一歩と天下統一へと近づくサブローに、怪しい刺客が………!? 更に、サブローが尾張の海へ馬駆けへと出掛けている最中に、安土城に残ったミッチーは不意に帰蝶と出会い…!?
  • 信長協奏曲(18)
    495円(税込)
    「本能寺の変」まで、あと1年…!! 家康、高天神城を奪い返し武田討伐まであと一歩! 仇敵・本願寺も降伏し織田家の天下はまさに目前!! 盤石に見える織田軍の唯一の“綻び”、羽柴秀吉に目を付けた安国寺恵瓊は、毛利家の指導者・小早川隆景にある思い切った進言をする…!! それぞれの思惑が錯綜し… 時はついに天正十年へ…!!
  • 信長協奏曲(19)
    495円(税込)
    大きな潮目を前に!! 帰蝶は、信長と光秀の顔が同じことを知っていた。 その事実に気づいたサブローとおゆき。 だが家の中に大きな変化はなく、 一方で、時代の中で織田勢は ますます存在感を増していく・・・。 いよいよ武田攻めの時が迫る…! 羽柴勢の怪しげなうごめきは絶えず、 いよいよ、「本能寺」のその時も迫っていて…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「信長協奏曲」に関連する特集・キャンペーン