ヒトラーのウィーン

ヒトラーのウィーン

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

各界の天才が一堂に会していたウィーンで、天才とは程遠い負け犬だったヒトラーは、ユダヤ人絶滅を「善」とする主観を形成した。彼の過剰な健康志向・潔癖症の根もウィーンにある。だが現在ウィーンからヒトラーの行跡は消されている。それをあぶり出すべく、ウィーンと関係の深い哲学者が怪物の青年期を様々な視角から追う。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
ページ数
238ページ
電子版発売日
2012年07月20日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
9MB

ヒトラーのウィーン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月29日

    哲学者である筆者が、自身の人生において意味が深いウィーンを舞台に、同じくそこで青年期を過ごしたヒトラーの足跡や心情を、数々の場所をキーワードにして考察した本。

    芸術家を志したが、ウィーンという都市にことごとく拒否された頃のヒトラーの惨めさが、生々しく伝わってきた。
    ただ、特段、ヒトラーだからという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月30日

     ナチズムや歴史ではなく、個人としてのヒトラーに迫った本。
    ヒトラーと言えば、禁煙運動と菜食主義者として有名。また、本書で触れられるユダヤ人の最終解決の方法をガス室にした理由「血を見たくないから」でわかる彼の神経質、強迫観念的、潔癖症、妥協を許さない性格。この性質があのユダヤ人大量殺戮をする行動と表...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています