一流の人は空気を読まない

一流の人は空気を読まない

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

空気に支配され、空気で物事が決まる国、それが日本。空気を読んで周りに流されて仕事をしているだけではビジネスの成功は覚束ない。グローバルスタンダード時代の働く人たちの心得を説く!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

一流の人は空気を読まない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    変にまどわされなってかんじの本。
    戦艦大和の最期は初めて知ったけどすごい怖かった。
    第2章はインドとかの最近に触れられてた。今格差社会の日本とか言ってるけどインドのそれとは比べ物にならないと勉強になった。
    あと失敗を恐れるなとか。
    とにかく周りには流されずに自分の確固たるものを築けってことでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月12日

    空気を読むことは必要だが、それだけでいい仕事をできるか?

    めっちゃ要約するとそんな感じの本。

    日本経済は、「空気を読む」ことによる社会全体のまとまりにより、空前の成長を遂げてきた。
    だが、日本が世界のトップとなり、オリジナリティが求められ始めた瞬間、成長はパタリと成長を止めてしまう。
    オリジナリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月20日

    2010年2月
    堀サンの本。まず、説明・例が明快で読みやすい。
    実体験話が多く、いつの間にか惹きこまれていた。
    空気を読む事、空気に支配されない事を述べている。
    その方策として、高い志、中長期的目標、広い視野が必要。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月29日

    これからはサラリーマンでも起業精神を持って自分を磨いていかなければならない。
    こう考える人が増えなければ日本の未来は暗い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    空気読むなっ!です。
    「朝まで生テレビ」で、コメントが
    簡単に分かりやすいのが
    印象的だったので買ってみました。
    東大受験の時の話が良いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    堀紘一さん、好きなんです。
    この本を読むと、もっともっと努力して社会に貢献できる人にならなくてはと思います。
    空気を読まないというのは決してKYという意味ではないです。
    空気を作れる人になりなさいということです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月20日

    久々に読んだ堀紘一さんの一冊。今の日本人は空気を読みすぎ、読むことばかりに力を使っているという論はごもっとも。たしかに仕事ができる人でも空気を読まないからこその実行力の強さとかはあるし、いい子ぶっていても結果を残せないとしょうがないということですね。後半は空気を読むとかそういう話を離れている感じはあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    相変わらずジャンプのような情熱と泥臭さを持ち続けている堀紘一氏の新書。大前研一と比べると現場っぽい感じが魅力と言えば魅力です。DI自体にジャンプ的な躁感が出ているのもやっぱりトップがこうだから、というのがとてもよくわかる作りです。

    本作はまぁ堀紘一が日頃から言っていることを単にまとめて書籍にしたも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月24日

    [ 内容 ]
    まわりの空気に流されて、本当の勝負ができるか?
    他人と同じであることをやめる新しい発想とは?
    空気を変えるより、自分を変える。

    [ 目次 ]
    第1章 職場を縛る「空気」を読むな(「空気」の正体 突破すべき空気!)
    第2章 空気を読んでいるだけでは生きていけない時代(組織のスペシャリス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月21日

    空気読み上手な人で優秀な人に会ったことがない。
    それにしても著者の堀紘一は頭の硬いおっさんというイメージしかなかったが華々しい経歴の裏に色々苦労があったんだな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています