ダンタリアンの書架1

ダンタリアンの書架1

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ヒューイは、かつて所領の半分を1冊の稀こう本と引き替えにしたほどのビブリオマニアである祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書の全てを引き継いだ。条件は一つ、“書架”を引き継げ――と。遺品整理に屋敷を訪れたヒューイは、本が溢れる地下室で、静かに本を読む少女と出会う。漆黒のドレスに身を包み、胸に大きな錠前をぶら下げた少女ダンタリアン。彼女こそ、禁断の“幻書”を納める“ダンタリアンの書架”への入り口、悪魔の叡智への扉だった――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
13MB

ダンタリアンの書架1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月27日

    一つ一つの短編が短くて、読者を引き込む力に欠けるが面白い。特に第一話の完成度がすごく高い。
    エグいのを期待していたけど、思っていたよりはずっと上品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月14日

    幻書という、私が今まで全く見たことのないアイデアの詰まったライトノベルです。
    この世界観にまず魅せられました!
    一見、ツンツンしたダリアンが、実は揚げパン大好きで・・・というキャラの意外な一面が良いです!
    ヒューイはそんなダリアンに振り回され、相変わらずの苦労人ですが(笑)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月25日

    飄々とした青年・ヒューイとゴスロリ毒舌愛書狂の美少女・ダリアンが未知の叡智を封じた幻書にまつわる事件を解決していく一話完結型のお話。
    ダリアンの造形が狙ってるとかヒューイが食えないヤツだとか色々言いたいことはあるんですが、個人的な見所は幻書を手にしたことによって運命を狂わされた人々(人外含む)のドラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月31日

    一話一話の短い話に盛り上がりがあってスイスイ読めました。小さい可愛い毒舌美少女とやる気なさそうで実は実力のある青年というコンビも魅力的です。基本的にバットエンド的な話が多いので、人が知恵を持つといい事ないのかなとも思いますがたまに差し込まれるいい話?に救いがあります。ヒューイの鍵が物語のカギのような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月01日

    幻書というこの世に存在してはならない本をめぐるダークファンタジー
    ダークファンタジーとはいったものの、グロテスクな描写は必要最低限で、ダークというよりはハッピーエンドにはたどり着けない切なさといったほうが良いでしょうか。
    一見、架空のファンタジー世界かとおもいましたが、過去にクリミア戦争に関与し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月15日

    本にとりつかれた人々との関わりがテーマの物語。
    主人公の不思議な青年と表紙の少女との関わりがうっすらと示されているけれど、どんな風に一緒にいることになったのかは今のところ描かれていない。そこが気になるところでもあるし、二人が関わる古い本をめぐって、本にとりつかれた人の人間臭さが出ていて、救われない人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月07日

    なんとなく手にとった作品だったが、かなり良かった。
    ヒューイとダリアンとの掛け合いは読んでいて微笑ましかった。
    幻書という設定も興味をそそられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月05日

    深夜に随分ダークなアニメをやっているなと思い気になったので、原作本を買ってみた。(このアニメのエンディングはちょっと不気味で怖かった)
    主人公は90万冊の幻書を封印しているとか、すぐお腹がすくなど、インデックス?と思わなくもないが、他にも魔導書関連の用語が出てくる話なので、似たような世界観を書くと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    短編形式で、割りと読みやすかったです!
    ダリアンと、ヒューイのやりとりが兄弟みたく思えて微笑ましかったり。
    話としても、幻書にまつわる話で、本好きな私としては好みでした。
    ヒューイとダリアンの出会いを1話ではなく、4話目にもってきたのは意外だったかな?
    にしても、最後、まさか読姫は二人なの?って言う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月25日

    “本にまつわる物語”に惹かれて読んでみた。
    予備知識ナシだったので、かなりのダークファンタジーにビックリしたけど、結構面白い。
    2・3巻も買ってみました(^ー^)

    このレビューは参考になりましたか?

ダンタリアンの書架 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ダンタリアンの書架1
    594円(税込)
    ヒューイは、かつて所領の半分を1冊の稀こう本と引き替えにしたほどのビブリオマニアである祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書の全てを引き継いだ。条件は一つ、“書架”を引き継げ――と。遺品整理に屋敷を訪れたヒューイは、本が溢れる地下室で、静かに本を読む少女と出会う。漆黒のドレスに身を包み、胸に大きな錠前をぶら下げた少女ダンタリアン。彼女こそ、禁断の“幻書”を納める“ダンタリアンの書架”への...
  • ダンタリアンの書架2
    594円(税込)
    世界には知るべきでない知識がある。だが人はあらがいようもなくそれに惹かれ、いつしか境界を越えてしまう。現世と理と因果の律を狂わせる危険な書物“幻書”。迷宮図書館ダンタリアンの書架は、幻書を封印するために在る――。ある屋敷に招かれたヒューイとダリアン。祖父が遺した蔵書の鑑定を求める令嬢エステラ、その陰に見え隠れする血塗られた秘密……全ては1冊の本のせいか、それとも――。悪魔の本と少女の...
  • ダンタリアンの書架3
    616円(税込)
    ダリアンは荒れていた、怒っていた、罵倒していた。読み終えた王都で人気の流行小説第二巻。その三部作の最終巻が刊行されぬまま作家レニー・レンツは半年前に死んでいたのだ。だが、そのレンツからヒューイへ助力を求める手紙が!「奇妙な書物によって囚われた私たちを助けて欲しい」と――。ダリアンは手紙の住所に向かった、続きを書かせるために! 人の欲望に応え、不思議な力を発揮する悪魔の本を巡る...
  • ダンタリアンの書架4
    638円(税込)
    郊外の寄宿学校に招かれたダリアンとヒューイ。上流階級の令嬢が集まる女子校で“幻書”を探す二人は、中等部五年のジェシカと出会う。ジェシカの狙いは、学園に“幻書”を持ち込んだ、連続猟奇殺人犯ディフリングを見つけ出すこと。学園で相次ぐ神隠し事件、その被害者の一人はジェシカの親友だった。神出鬼没のディフリングに対し、ダリアンの仕掛けた罠とは――!? 悪魔の力を封じた書物“幻書”を巡る少女の冒...
  • ダンタリアンの書架5
    594円(税込)
    明け方に、ダリアンとヒューイの寝室に押し掛けたカミラ。幽霊列車を見にいこう! というのだが……カミラは使用人たちに連れ戻され、結局二人で閑散とした駅に向かうことに。貨物専用のはずの路線に現れたのは豪華な特別客車。飛び乗ったダリアンたちは、列車内で幼い少女と出会う! 謎の鍵を握るは一冊の時刻表? 禁じられた知識が記された悪魔の本“幻書”をめぐる、“黒の読姫”ダンタリアンの活躍を描く...
  • ダンタリアンの書架6
    638円(税込)
    ダリアンとヒューイは、保養地として知られるレイサム群島に渡った。恩師マクギガンに呼び寄せられたのだ。マクギガンはダリアンに姪のリーシアを紹介する、友だちになってほしいと。だが犬と子供は嫌いだと言い放つダリアンに、リーシアは胸の黒板に『あなたのほうが、チビ』と書いて……。一方、島では伝説の海魔による連続殺人事件が噂されていた。そしてそこには、もう一組の男女の影も──。アニメ化企画...
  • ダンタリアンの書架7
    616円(税込)
    “幻書”の封印のため、名門女子寄宿学校カドフィール校を訪れたダリアンとヒューイ。ヒューイは夕食会に連れ去られ、一人残されたダリアンに、世話役として手配されていたのはジェシカだった。ダリアンは女性徒の集団に発見・蹂躙され、大騒ぎに。なんとか脱出したダリアンだが、“幻書”が一冊失くなっている! まずは容疑者を片っ端から当たることにした二人は馬術部へ──学園中を巻き込んだ、少女たちの長...
  • ダンタリアンの書架8
    572円(税込)
    ある日、ダリアンとヒューイのもとを訪れたカミラ。持参したのは、クリームをたっぷり挟み込んで人気の、缶入りクッキー“ロゼッティ”。中にはカエルが主人公の小さな絵本が入っていた。その表紙の隅には「7」と数字が……クッキーのおまけ絵本は全部で8種類、開けてみないと何が出るかはわからない。そしてダリアンとヒューイは“ロゼッティ”を求めて町に出た! 黒の読姫とその唯一人の鍵守の、幻書をめぐ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ダンタリアンの書架 に関連する特集・キャンペーン