旧宮殿にて~15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦~

旧宮殿にて~15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦~

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

消えた肖像画、失踪した令嬢、運び出された巨大な彫像――。万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが、ミラノ宰相ルドヴィコ・スフォルツァと、才媛チェチリアとともに不可解な事件の謎に挑む。15世紀末のミラノを舞台に、当時最先端の科学的知見をもって解き明かされる、事件の意外な真相。科学と謎を融合させたE・A・ポーの系譜に連なる傑作本格ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2021年10月22日
サイズ(目安)
1MB

旧宮殿にて~15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年08月21日

    15世紀のミラノを舞台に、レオナルド・ダ・ヴィンチを探偵役にした短編5編。
    消えた肖像画、失踪した令嬢など、すべて消失もの。消失もののトリックとしては王道な感じもあるけれど、カメラオブスクラとかブルネレスキの鏡とかダ・ヴィンチらしい仕掛けが取り入れられてて面白い。
    何よりレオナルド・ダ・ヴィンチだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月12日

    天才といえばまず浮かぶのがレオナルド・ダ・ヴィンチだが、事実はどうあれすごく楽しめて読めた。登場人物が魅力的で、ストーリーもよく練られていてよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    15世紀末、ミラノを舞台にしたレオナルドダビンチを主役にしたサスペンス。
    短編が繋がっていくので、テレビの1話1話を見ていくようでテンポが良い。

    推理小説ながら、海外を舞台にしていて面白く読める。
    美術を中心に文化と犯罪が混じり合う。
    あまり日本では無いパターンかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング