海底密室

海底密室

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

深海4000メートルに存在する、海底実験施設《バブル》。
取材に訪れた鷲見崎遊は、そこで二週間前に、常駐スタッフが不審な死を遂げていたことを知る。
すでに自殺として処理されてしまったひとつの“死”だが、それはひとつだけでは終わらなかった。
連続して発生する怪死事件。
完全に密閉された空間の中で、なにが起きているのか。
携帯情報デバイスに宿る仮想人格とともに、事件の推理に乗りだす遊だったが……。
日本SF新人賞受賞作『M.G.H. 楽園の鏡像』の前日譚を描く本格SFミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2021年08月11日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
13MB

海底密室 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    深海の研究施設で連続する密室殺人事件を雑誌記者と人工知能探偵が追う、SFミステリ。『M.G.H. 楽園の鏡像』の前日譚だが、SF色はぐっと薄くて、普通に特殊設定のミステリという感じ。
    ミステリとしては、よっぽどの科学マニアでなければ知らないような、所謂「一般的でない知識」が謎解きの段階で、いきなり持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング