BLACK BLOOD BROTHERS11-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生-
  • 最新刊

BLACK BLOOD BROTHERS11-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生-

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ジローは進む。星一つ分の死と再生を繰り返しながら。コタロウ、そして――ミミコ。彼の心臓をノックする、大切な存在の為に――。ついに最後の戦いの火蓋が切られた『九龍の血統』とジローたち。ジローに応え特区へと向かったミミコ、ケインやジャネットら各地の精鋭が特区に到着する中、ジローは九龍王との対決の時を迎える。鍛え直した銀刀を操り『九龍の血統』を圧倒するジローを前に、追い詰められたカーサたちは最後の手段に打って出る……!「ジローさん! お願いっ。諦めないで!」――大切な、愛する者たち。その為に今、全てを捧げよう。黒き血の兄弟と一人の少女が紡ぐ血と絆の物語、ついに完結!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
24MB

BLACK BLOOD BROTHERS11-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    再読 残り16冊は省略
    相変わらず読み返していて展開をすっかり忘れていて1度目に読んだときと同じ感想を思い浮かべ
    実に便利だと思う

    2009/7/20
    完結
    まず最初からの構想通りにきちんと完結させる手腕に拍手
    吸血鬼物として
    「不老長生であっても精神的には成長しないブラックブラッド」を
    カーサと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月10日

    ついに完結。登場人物達の想い・意思に胸が熱くなりっぱなしだった。
    また、分かっていたこととはいえ、切なくも前向きなラストには涙した。
    本当に素晴らしいシリーズだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月12日

    ついにシリーズ完結。

    これは涙なしには読めないと思います。

    物語のラストは初めから決まっていましたが、

    分かっていてもこれは泣けます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月21日

    なんつーか胸いっぱい過ぎて…
    こんなに綺麗な最終回って…あざのさんすごすぎる…
    星五つじゃ足りないよ!(笑)

    ものすごいスケールで、ものすごい数の登場人物が入り乱れたこの物語に圧倒された感じ。
    BBBはどうあろうと結末が1巻の時点で決まってたわけだから、切なすぎるけどこの終わり方は凄すぎるなぁ
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月02日

    BBBの最終巻!とても良い終わり方でした。少し切ないけれど、幸せな結末・・・・。久しぶりに納得できる最終巻というものを読んだ気がします。
    続編も期待したい所です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    素晴らしきかな。
    いやー、熱い熱い。楽しませてもらいました。
    まず間違いなく今年のライトノベルナンバー1。

    それぞれのキャラの決着を、じっくりみさせてもらいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ミミコ、コタロウ、ジローの三人の関係が大好きです。始終物語のスケールの大きさに圧倒されました。そしてストーリーの展開や短編のコミカルさにも。結末も今後の展開が気になりつつもイイ幕引きでした。久々にじっくり読み込みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月29日

    大満足です。泣いた量で云えばシリーズ中随一ではないのですが、ラストこうくるとは正直思わなかった。ゼルマンとサユカ、ジローとミミコ、吸血鬼と人という二組の関係性が各々辿り着いた先はこうなったかと。確かな事実として存在した一年間という時間の重みが深く心に刺さりつつ、爽やかな気持ちで終われたことに、作者さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月20日

    最後の展開盛り上がった
    主人公サイドより敵サイド、カーサの方が良かったかも。コタロウこと賢者がイマイチ。全然活躍しなかったような・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    祝☆完結

    ぶっちゃけ戦闘シーンがちょいタレてましたけど
    綺麗に終わったなーという感じ。

    若干クーロンチャイルドの暴れる理由が乏しい気がしたのですが
    まあ、これから人間と吸血鬼の世界を作るための起爆剤的な世界の流れなんでしょうね。

    てか、ミミコとジローは○゚○○○o○だと思ってたのにビックリです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

BLACK BLOOD BROTHERS のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • BLACK BLOOD BROTHERS1-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸-
    空には満月。その光を浴びて、疾風のように駆け抜ける赤い影。手には一振りの日本刀を携え、ビルからビルへ跳躍を繰り返す。ジローは疾走する。弟を取り戻すために。己の願いを叶えるために――そして。敵を確認し、牙を閃かせて笑う。今の自分は、どんな相手でも滅ぼせると知っているから。特区。滅び去ったはずの吸血鬼が、人間と共存できる世界で唯一の場所。その特区で、吸血鬼・望月ジローとコタロウの...
  • BLACK BLOOD BROTHERS2-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動-
    漆黒の夜に刻まれた、赤い――赤い姿。調停員・葛城ミミコは、彼から目を離せなかった。だって、笑っていたから。『銀刀』を片手に、同族の血に染まり。牙をむき、吸血紀そのものの姿で。「これはデモンストレーションなんです」ジローは、酷く優しげに微笑んだのだ。間違ってる、と叫ぶことは簡単だった。けれど。 ミミコにはわかった。もう何を言っても、彼には届かない。人間と吸血鬼が共存する世界で唯...
  • BLACK BLOOD BROTHERS3-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区震撼-
    「ジローは、周りに目を向けなきゃ。もっと大きな流れになるために、ね」昔。闇の母なる、彼女はそう言った。そして今。目の前でミミコが告げる。「あなたはちっぽけな流れでしかないの。独りでいようとする限りは!」吹き荒れる嵐の中で、ジローは思う。何故、彼女たちはどんな時も、希望に満ちた眼差しを失わないのか――と。世界で唯一、人間と吸血鬼が共存する場所・特区。しかし、忌むべき血族『九龍の...
  • BLACK BLOOD BROTHERS4-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 倫敦舞曲-
    やっと見つけた。もう迷わない。己の剣を捧げる相手。共に人生を歩む少女。だから次郎は――異形の牙をむくアリスに、微笑みかける。「……私の血が、必要ですか?」1895年、ロンドン。留学中の大日本帝国海軍少尉・望月次郎は、連続殺人事件の捜査に関わることになる。「7年前に姿を消した切り裂きジャックが、吸血鬼になって戻ってきた」――そう噂される不可解な事件の影には、闇の世界の住人たちも絡んでいた...
  • BLACK BLOOD BROTHERS5-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 風雲急告-
    ……いい奴、なのに。夕暮れ時の繁華街に佇む、人の血に手を染めた吸血鬼。その姿を見つめて、ミミコは思う。彼は同胞をかばっただけ。 ――なのに、なぜこんなことに? 存在しないはずの“第11地区”の噂。そして実存した“九龍王の遺灰”。二つの要素が『カンパニー』と協定血族の関係に影を落とす中、吸血鬼の存在が公になる事件が発生した。人間と吸血鬼の共存は、理想でしかないのか? それとも『九龍の血統...
  • BLACK BLOOD BROTHERS6-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 九牙集結-
    この身は、賢者の血統に捧げた。それが誇りだった……。吸血鬼・望月ジローは、苦い想いを噛み締める。 ――今は、その運命が少し、辛い――。『カンパニー』が招聘した吸血鬼化特殊部隊『赤い牙』。セイたちが黙秘を続ける九龍王の遺灰の在り処。カーサ率いる『九龍の血統』の特区攻略の兆し。幾多の不安要素が渦巻く中、それでもジローは、フリーの調停屋となったミミコと共に、充実した日々を過ごしていた。し...
  • BLACK BLOOD BROTHERS7-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 王牙再臨-
    ――いま、余らに必要なものは?「覚悟を」東の龍王セイに答えた賢者の一言は、特区の状況を端的に表現していた。『赤い牙』への奇襲、そして『黄昏橋』の爆破で宣戦布告してきた『九龍の血統』。彼らの用意した罠は着々と機能し、父たる九龍王の遺灰を封じていた真銀刀を奪い、墓所の結界を消滅させた。状況は特区を守る側に、圧倒的に不利――。ミミコは思い浮かべる。ゼルマンのそばにいると言ったサユカの...
  • BLACK BLOOD BROTHERS8-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌-
    「……いいんだね?」そう尋ねる神父に、ミミコは頷いた。「新生『カンパニー』の代表。あたしでよければ、お引き受けします」吸血鬼と協力し、人間たちを避難させる少女の姿――崩壊する特区から全世界へ流されたこの映像が、ミミコの運命を変えた。世界中に注目される存在となった彼女は、二つの種族の共存の象徴として『カンパニー』代表になって欲しいという、尾根崎たちの依頼を受ける。特区を奪還し、コタ...
  • BLACK BLOOD BROTHERS9-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 黒蛇接近-
    「人と吸血鬼は共存することができると思いますか?」ミミコは問いかける。もしそうならば。手を取り合うことができるならば。いや、そんな未来が来ると信じるからこそ頑張れる。たとえひとりぼっちでも。明日はきっと、ひとりじゃないって信じてるから――。十年前の香港で。今このシンガポールで。再び蘇る赤き血と黒き血の戦い。特区ではリンスケやバドリック、そしてサユカが、絶望的な状況の中、戦いを続...
  • BLACK BLOOD BROTHERS10-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣-
    1997年。アリスやジローと共に香港に滞在するカーサは、リズと名乗る一人の吸血鬼と出会う。自分と同じ混血児のリズに衝撃を受けつつも、カーサは彼女にかつてない親愛の情を覚える。月下で蠢き始めた、新たな脈動。アリスとジロー、そしてカーサにとっての百年の夜が、静かに終わりを告げようとしていた。そして現在――2009年、シンガポール。各国の有力血族を迎えたミミコは、特区奪還の手応えを感じなが...
  • BLACK BLOOD BROTHERS11-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生-
    ジローは進む。星一つ分の死と再生を繰り返しながら。コタロウ、そして――ミミコ。彼の心臓をノックする、大切な存在の為に――。ついに最後の戦いの火蓋が切られた『九龍の血統』とジローたち。ジローに応え特区へと向かったミミコ、ケインやジャネットら各地の精鋭が特区に到着する中、ジローは九龍王との対決の時を迎える。鍛え直した銀刀を操り『九龍の血統』を圧倒するジローを前に、追い詰められたカー...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています