神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新進気鋭の音楽家にして、神曲楽士のダン・サリエル。世間でその才能は高く評価されているものの、性格はといえば、傲岸不遜で傍若無人、唯我独尊な俺様――である。そんな彼がある日、一柱の上級精霊コジと出会った。この精霊がいたく気にいったサリエルは、珍しく自ら契約を申し出たのだが、すげなく断られてしまうのだった。そこで意固地になったサリエルは、なんとか彼と契約を結ぼうと計略するのだが……。表題作のサリエルと、コジ、アマディアの出会いを描いた『ダン・サリエルと白銀の虎』ほか、全4作品を収録。サリエルの華麗な名演をご堪能ください!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2012年05月25日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
6MB

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月24日

    傲岸不遜で唯我独尊の自信家、新進気鋭の音楽家にして神曲楽士のダン・サリエルと愉快な仲間たちの話。
    パレットの絵は山本ヤマトさんでしたがシリーズ化に伴い絵師がカズアキさんに変更。どっちも大好きなのでうれしいです!サリエルは線が細くなりなおいっそう嫌味なインテリぽく、モモはさらに丸く可愛く、コジはさらに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月23日

    【再読予定】ポリフォニカ白銀1巻。面白かった。
    天才肌のサリエルと、契約精霊のモモの物語。単品が4編くらい入っている感じ。コミカルで読みやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月08日

    初ポリフォニカですがあざのさんだったので購入。
    まったくポリフォニカ世界知らなくても、かなり面白かったです。
    あざのファンとしては複雑ですが、作品の中で一番好きかも…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月24日

    ポリフォニカシリーズは初めてですがとても読みやすくて良かったです。
    音楽を愛する演奏者達(主人)とそんな彼らに惚れ込んだ精霊(従者)のドタバタした温かい日常を描いたものです。

    実力が伴った俺様サリエルと、健気で一生懸命なモモの掛け合いがとにかく面白い。その主従にサブキャラが絡んできて、小説がますま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月10日

     新シリーズもいいけど、世界観についての話をもっと進めて欲しいなぁ。まあ、物理メディアではいい感じに進んでるのかも知れないけれど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月06日

    ラノベにしてはなかなか面白い。語り口が軽妙で、キャラクターが立っているので、読んでいて不自然な感じは全くしない。面白かった。

    特に2話目がいい。ユフィンリーかわいいなあ。

    喜劇を文字で読ませるのは凄く大変だと思うけど、頭の中にシーンが浮かんでくる文章が素晴らしい。

    私は、ポリフォニカの世界観を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ポリフォニカ“銀”シリーズの第1弾。

    面白いです
    ポリフォニカシリーズの中では一番好きかも。
    軽い感じでもあり、シリアスなところもあり。
    基本アクションはなしかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    テンポの良い文章と会話!それに絡む音楽!この本を読んでからあざのさんのファンになりました。なによりキャラが魅力的で動く動く。話もコメディなだけではなく、サリエルの葛藤は苦くも美味しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集『ぱれっと』から十三ヶ月、遂に満を持して『ダン・サリエル』シリーズ化キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    『白』と同じく、キャラクター原案で山本ヤマトさんの名前が入っていたりはしなかった。何でだ……。
    シリーズ化するに当たって、今までに『ポリフォニカ』でやられていないことをやろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエル のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎
    新進気鋭の音楽家にして、神曲楽士のダン・サリエル。世間でその才能は高く評価されているものの、性格はといえば、傲岸不遜で傍若無人、唯我独尊な俺様――である。そんな彼がある日、一柱の上級精霊コジと出会った。この精霊がいたく気にいったサリエルは、珍しく自ら契約を申し出たのだが、すげなく断られてしまうのだった。そこで意固地になったサリエルは、なんとか彼と契約を結ぼうと計略するのだが……...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師
    現状を抜け出せないでいる自分とは違い、きらびやかなステージに立った幼馴染みの少女リジアに、アマディアは嫉妬と羨望を覚えていた。しかし、ひょんなことから再会した本人は、意外にも現状に満足しておらず「自分の音楽」を目指したいのだという。そんな彼女を事務所に招待するサリエル。だが、彼女をプロデュースしているのは、なんとサリエルのかつての相棒、「イドラの魔術師」と称されるハセ・シャ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット
    傲岸不遜で傍若無人、唯我独尊を地でゆく――そんな俺様な性格のサリエルに、過去最大級のスランプが訪れていた。それは、サリエルの扱いになれているはずの契約精霊モモですら手に余る程の大・大・大スランプ。誰の言葉も耳に入らず、慰めも届かない。この荒れようは、普段はその才能を尊敬し彼に憧れているアマディアでさえ引くほどの酷さであった。果たしてこの事態の顛末は――!? GAマガジンに掲載さ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエル に関連する特集・キャンペーン