花探し

花探し

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

イケよ、と綿貫は命じた。「我慢しないでイケよ」――男が射精するのをこらえるように、舞衣子は別のことを考える。だって男に命じられるのは好きじゃない。男を選ぶのは私――。舞衣子は不動産王に磨き上げられた愛人のプロ。美しく洗練された容姿を高級ブランドに包み、ベッドではテクニックの限りをつくす。そんなある日、舞衣子は新たな「男」を探すことを決意する。とにかく金を持っている男。それを惜しみなく女に遣う男を――。SM趣味の御曹司、一夜に何度もイカせる有名作家……秘密の館で、ホテルのベッドで、官能と欲望の日々がはじまる。果たして次の「男」は……

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年05月05日

    再読。何回となく読んだ作品。
    自らの美貌を武器に贅沢な愛人生活をしている主人公が、次の愛人を探す話。
    バブル期ようなブランドの数々、高級な食事等お金持ちの世界を見るのが楽しい。
    主人公が自分の価値をお金が図るところが、わかりやすくて頼もしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月30日

    中学生のころから何回も読んでいる本
    主人公の女性として、愛人としてのプライドにすごくひかれてしまう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月14日

    プロの愛人が主人公の話。
    働かなくてもお金もらえていいなーと思ったけど、わりと大変そうだった。
    私は貧乏でも自分で働くほうがいい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月19日

    自分の美貌を武器にして「愛人」という立場になり、贅沢な生活をする舞衣子。
    プレゼントの値段で自分の価値を測り、男性に対して傲慢で、全く共感できないけどここまで徹底して突き抜けていると、といっそ清々しいくらいで、虚構の世界を楽しめた。
    女性の旬の時期なんて短いのに……でも、最後の強かさを見ると彼女は年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月11日

    小説の素晴らしいところの1つは、自分の知らない世界を見せてくれるところだと思います。
    本書の主人公は、プロの愛人。
    お金持ちの人たちが作り出す煌びやかな世界と、自分とは全く違う価値観の人々に触れられておもしろかったです。

    中村うさぎさんが素晴らしいあとがきを書かれてるんですが、私も主人公には1ミク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月04日

    バブルをいつまでも引きずっている痛々しい女、でもそのセルフプロデュース力はすごいと思いました。真似したいとは思わないけど、とても勉強になりました。参考にはさせてもらいます。
    自分の魅せ方を知ってる女は強いですね。いちいち頷いてしまいました。
    客観的に見ると舞衣子も若くないんだし、チヤホヤされる歳はも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月02日

    サトコを脅したところまでは面白く読めたけど、綿貫にあてがうのはちょっとなぁ…これじゃ舞衣子がただの嫌な女になる気がする。彼女は狡猾ではあるけれど嫌味な女ではないイメージだったので。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    愛人として生きる女。ザ・林真理子。何人ものパトロン(もしくは候補)の言葉や行動を反芻し、金に換算し、天秤にかける。卑しいが、たくましい、そして寂しい生き方。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    女の幸せってなんでしょうね。
    この本は愛人のプロの女性が、翳りを見せたパトロンとの関係を機に
    「次の男は私が選ぶ」と、弁護士や名家の御曹司、流行作家と
    自分を贅沢に過ごさせてくれる男を探すストーリーです。

    彼女が男性を選ぶ価値観は、分からないわけではないけれど
    自分は選択したくない。

    愛人ってシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月18日

    プロ愛人のマイコが、次の男は自分で探す!と男たちを品定め…。品定めしてるつもりが品定めされていたり、遊ぶつもりが遊ばれたり。長年愛人をやっていた大沢の娘に、面倒臭くなってきた恋人をあてがおうとするのがなんだか痛快でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

林真理子 のこれもおすすめ

NEW
文藝春秋2020年8月号

文藝春秋2020年8月号

  • ブラウザ試し読み

新装版 強運な女になる

新装版 強運な女になる

みんなの秘密

みんなの秘密

値引きあり
コスメティック

コスメティック

  • ブラウザ試し読み

秋の森の奇跡

秋の森の奇跡

  • ブラウザ試し読み

アスクレピオスの愛人

アスクレピオスの愛人

  • ブラウザ試し読み

アッコちゃんの時代

アッコちゃんの時代

  • ブラウザ試し読み

値引きあり
anego

anego

  • ブラウザ試し読み