貴族探偵エドワード 銀の瞳が映すもの

貴族探偵エドワード 銀の瞳が映すもの

作者名 :
通常価格 484円 (440円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大国アングレの首都・ロンドラ。美形・優秀・家柄抜群なお坊ちゃま、エドワードの職業は、なんと探偵! お世話係の青年シーヴァと優雅に暮らしているが、依頼が来なくて実は暇……。そんなとき、卒業した名門パブリックスクールから、幽霊騒ぎで困っているという話が! 喜び勇んで寄宿舎に向かったエドワードは、騒ぎの原因と疑われている少年・トーヤと出会い!? 天才エドワードと仲間達の、英国風ミステリアス・ストーリー!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 角川ビーンズ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
ページ数
223ページ
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
4MB

貴族探偵エドワード 銀の瞳が映すもの のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    絵柄に惹かれ購入したもの。
    1巻のみ購入済み、以降の巻も購入予定。
    内容も面白くておすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ビーンズということでちょっと手を出しかねていたシリーズ。
    でもやっぱり椹野さんは椹野さん。面白かった。そして料理が美味しそうだ。
    ミステリ云々に関してはそもそもこれはミステリじゃなくって、ご本人が書かれている通り?ミステリアスな?お話なので……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     エドワードがすごくかっこいいです!
     そして、シーヴァのヘタレ具合と優しさがうらやましいです!!
     そして、トーヤおの生意気っぷりと、無邪気さが可愛かったです。

     話の内容は、考えればわかることなのだけれど、読んでいるとエドたちと一緒に捜査しているような気分になり、すごく楽しめました。
     続きが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    貴族なのに、自分の欲は全く無く、親にも頼らないで自力で立てた『探偵事務所』

    皆から虐められていたトーヤを暖かく迎えるところなど、読んでいて心が温まります。

    人の本当の強さは何なのか。

    権力、

    腕力、

    金、

    それを否定し、そして教えてくれる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    推理物・・・とゆうよりはファンタジーかもしれませんね。それぞれキャラクターが魅力的でそれぞれ大好きです。特に私はシーヴァさんが大好きvvパブリックスクールがなんだかハリポタのホグワーツみたいですね。中盤のトーヤくんとシーヴァさんの屋根の上のシーン大好きです!
    エドワードさんとプライス警部補の掛け合い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

    気にはなりつつも、探偵ものってどうなんだろう?と思ってたもの。
    読み始めたら、思ってたよりも面白かったので、続きも読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    初めて手にしたラノベです。
    読書嫌いの私が読書好きになったきっかけの本です。
    絵もキレイだし、大好きです。
    古風な異国の美しい探偵、何か心惹かれますよね。
    内容はどんどん深いファンタジーになっていくのに、自然と吸い込まれてしまう、とても楽しい作品です^^
    キャラクターも皆しっかりとしか心を持っていて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ラノベはいいねぇ〜(笑)
    地方貴族だったエドワードが、パブリックスクール卒業をきっかけに、私立探偵として活躍していくお話なのですが。
    いやぁ、いいねこれ! 面白いね。何よりエドワードとお付きのシーヴァが下宿してる先の、マーシャルさんが私はいちばん好きだ(笑)可愛くて料理上手なんて、超好みな女の子!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前々から読みたいなぁと思っていた作品です。
    漫画を先読んでて話しは知っていたものの、
    小説には小説ならではの味がありました。
    省かれていたエピソードなんかもありつつ、
    あのコマはここの一部分なのかと楽しみながら読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    クラスのオオタケに借りた本その2。トーヤかわいい!エドワードかっこい!2巻までしか出てないらしい。読んじゃったから〜早く続き出ないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

貴族探偵エドワード のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 貴族探偵エドワード 銀の瞳が映すもの
    大国アングレの首都・ロンドラ。美形・優秀・家柄抜群なお坊ちゃま、エドワードの職業は、なんと探偵! お世話係の青年シーヴァと優雅に暮らしているが、依頼が来なくて実は暇……。そんなとき、卒業した名門パブリックスクールから、幽霊騒ぎで困っているという話が! 喜び勇んで寄宿舎に向かったエドワードは、騒ぎの原因と疑われている少年・トーヤと出会い!? 天才エドワードと仲間達の、英国風ミステ...
  • 貴族探偵エドワード 白き古城に眠るもの
    金髪碧眼の美少年・エドワードは、頭脳明晰、家柄最高のお坊ちゃま。大国アングレの首都ロンドラで、名探偵として大活躍!(…の予定!)そんなある日、古城ホテルの持ち主から、ホテルで起こる怪しい事件の依頼が。久々の仕事にワクワクしつつ、エドワードは守り役の青年シーヴァと、居候の少年トーヤと共にホテルに向かう。しかし到着した晩、大変な事件が起こり!? 椹野道流の大人気シリーズ、待望の第2...
  • 貴族探偵エドワード 赤き月夜に浮かぶもの
    花の大都会・ロンドラ。生粋の貴族で、天使のごとき美貌の持ち主・エドワードは、今大注目の名探偵! 執事な守り役・シーヴァ、居候の少年・トーヤと、難事件を一刀両断!(希望!)ある日の午後、エドワードをライバル視する刑事・ケビンがやってきた。どうやら、巷を騒がせる連続殺人犯「見境のない吸血鬼」に手を焼いているらしい。知恵を貸すことにしたエドワードだが!? 大人気、英国風ミステリアス...
  • 貴族探偵エドワード 碧き湖底にひそむもの
    天使の微笑み、溢れる才能。神の祝福を一身に受ける美少年・エドワードは、天下無敵の探偵だ! しかし地方領主の息子でもある彼は、超一大事「成人式」のため、実家に帰ることに。執事な守り役・シーヴァと、居候のトーヤと一緒に帰郷したエドワード。成人式の条件は「赤ちゃんが、何かに取り憑かれた」という村人の頼みを、領主一族として解決することで!? エドワードの兄たちも登場で、ますますヒート...
  • 貴族探偵エドワード 琥珀の扉をひらくもの
    花すら褪せる美貌の持ち主・エドワードは、気取らない性格の名探偵。主を務める探偵事務所は、今現在は「暇が取り柄」…。けれど執事のシーヴァや、元気なトーヤと楽しく暮らしている。そんなある日、エドワードの友人で発明家のアルヴィンが、血染めのベストを残して行方不明になってしまう! しかもその事件には、アノ先輩も関わっているようで…!? 熱血刑事ケビンとタッグを組んで、貴族探偵エドワード...
  • 貴族探偵エドワード 瑠璃の涙を流すもの
    天下無敵の美少年探偵・エドワードに訪れた最大のピンチ。それは、助手のトーヤと、友人のアルヴィンが行方不明になっていること。しかもその黒幕は、かつての憧れの先輩。大切な人を助けるため、頑張れエドワード!
  • 貴族探偵エドワード 濃藍の空に躍るもの
    エドワードたちは再び取り戻した平和な暮らしを楽しんでいた。そんな時、刑事のケビンから、世間を騒がす「怪盗ヴィオレ」の予告状の報が届き…!? あのクレメンス先輩も、ビックリなスタイルで再登場! 新章開幕
  • 貴族探偵エドワード 紅蓮の炎を狙うもの
    平穏な毎日を取り戻した、天下無敵の美形探偵・エドワードのもとに、実家から生真面目兄貴・ロジャーがやってきた!! ペースを乱されグッタリなエドワードだけど、さらに奇妙な変死事件の話が飛び込んできて…!?
  • 貴族探偵エドワード 記憶のゆりかご
    探偵助手トーヤと幽霊猫、完璧な執事シーヴァと生真面目兄貴のグレゴリー、エドワードの王子様コスプレ…ほか、可愛い警察助手マイカの日常、エドワードのタイムカプセルなど、愛しい記憶の数々を書き下ろしと共に!
  • 貴族探偵エドワード 紺碧の海を渡るもの
    宿敵スカーレットを追って、東方の島国チーノへ向かったエドワードたちは、なんと豪華客船で旅をすることに!! そこで再会したのはなんと女装脚本家ユージィン。しかも謎の怪盗ヴィオレから予告状が届いて…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています