これからはあるくのだ

これからはあるくのだ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

目の前で倒れた老人から、とんだぬれぎぬをかけられたり、路上で突然「着物をもらってくれないか」と、声をかけられたり。ラーメン店の店員のネパール人からは「私のセンセイになってくれ」と懇願されたりで、カクタさんの周辺はなかなか事件に満ちている。ひとり旅が好きで、料理が趣味で、「ロシアの貧しい食卓」なんてもてなしを思いつく、ユニークな発想と、自分の住む町で道に迷う方向感覚をあわせもつ不思議少女。そのまま大人になって、こんな日々を生きてます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
143ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
2003年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

これからはあるくのだ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2017年04月06日

    単行本(2000.9)、文庫(2003.9)、共に読みましたw。角田光代さんの「これからはあるくのだ」、31篇のエッセイが収録されています。面白いです。文庫の解説は、酒が大好き(「泥酔懺悔」参照w)、風呂大嫌いで共通の三浦しをんさんです(^-^) 私が選んだベスト4は、「十数年後のケンビシ」(勘違い...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2010年06月24日

    すきだった!
    三浦しをんさんの言うとおり、思い出すいろいろ。

    で、
    なんの事件もなく、ご飯を食べて仕事をして寝ているような毎日においても、腹の立つことや納得いかないことが存在する。
    だけど同時に、大切なことやいつまでも輝きを失わない美しいことも、必ず存在しているのだ。
    そうなのだ。

    すきだった!...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2010年04月26日

    エッセイ集ってこんなに面白いものだったんだ、と深く感じた作品。
    数年経ってから読み返しても、また同じところで笑ってしまうんだろうな。

    0

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

    ひとつひとつのエッセイが声を出して笑ってしまうくらいおかしくて、すいすいと読めてしまった。角田さんのイメージが柔らかくなった。

    1

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    忘れていた日常のあんな感情、こんな気持ちが掘り起こされるようでドキドキした。しをんさんのベルサイユ風解説も逸品。

    0

    Posted by ブクログ 2014年02月18日

    作者の眼から見えてる世界を見るのが、エッセイの面白さ。
    わかるわかる!というところがあると、本を通して、友達になったかのような気分になる。

    子どもの頃に、廃屋が好きだった‥という件を読み、そういえば、私も好きで、校内写生大会で、学校の廊下から見える小屋を描いたなと、思い出した。そこに人がいた痕跡と...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2012年11月22日

    なにを隠そう「ぐっとくる題名」のなかで興味をそそった本だったので手にして見ました。
    全31作品のエッセイ集です。
    作者の書く日常のささいなことや、そのとき感じたことは、
    「へ~そういうふうに感じるんだ」
    「お~そこそこ」的な痒いところに手が届く感覚
    を与えてくれます。
    なかなか新鮮な感じを受けました...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2012年08月14日

    自転車に乗っていたら加害者にされたり、日本酒の名前を勘違いしていたり、騙されて着物を買わされたり、、、なんだかオモシロくてフシギなカクタさんの日常。

    0

    Posted by ブクログ 2011年12月17日

    角田さんのエッセイって、人柄がにじみ出てる気がする。意外な視点から物事を見つめてるのも面白いし、おっちょこちょいだったり方向音痴だったりぼーっとしてたり、ほっこりする。

    0

    Posted by ブクログ 2011年06月29日

    角田さんのエッセイはおもしろい。
    最近は新幹線に乗ると、常備されている冊子に彼女の旅に関するエッセイがあるので読むのが楽しみだった。

    普段、月刊誌などほとんど読んでいないので彼女がいろんなところでエッセイを連載されているとは知らず、何だか損した気分。

    清志郎のスローバラードについて、料理好きな部...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング