戦う司書と恋する爆弾 BOOK1

戦う司書と恋する爆弾 BOOK1

作者名 :
通常価格 473円 (430円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「ハミュッツ=メセタを、殺せ」――死者のすべてが『本』になり、図書館に収められる世界の話。記憶を奪われ、胸に爆弾を埋め込まれた少年コリオ=トニス。彼の生きる目的は、世界最強の武装司書、ハミュッツ=メセタを殺すこと。だが、ある日手に入れた美しい姫の『本』に、彼は一目で恋をする。その恋が、コリオをさらに壮大な争いに巻き込んでいく…。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 集英社スーパーダッシュ文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
シリーズ
戦う司書シリーズ
ページ数
292ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

戦う司書と恋する爆弾 BOOK1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年09月08日

    当時、司書という職業に興味を持っていて、それで手に取った本。内容は現実の仕事とは全く関係ないハードボイルドだったけど。でも、主人公コリオとシロンの恋に不覚にも泣いた。最後まで読んでマジでよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月15日

    プロットの勝利。その一言に尽きる。時間軸の交差でここまで世界観を広げ、感動的&印象的なシーンを描けるなんて、作者の年齢を考えると本当にすごいと思う。冒頭シーンで、ハミュツの名前と主人公の使命をくどいほどに連呼し、明示させる辺りもうまいなぁ。久しぶりに友達にいいよ!と勧めたいラノベです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月26日

    なんだか文章はたどたどしい感じなのですが、それが逆に真摯な感じで胸に響いてきます。わたしが好きなのは「黒蟻の迷宮」と「追想の魔女」。モッカニアとヴォルケン、もう出てこないかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前嶋重機のキャラ絵もいいんだけど、内容もとっても面白い。世界観がいい。古代の謎と人間模様と戦闘と盛りだくさんです。戦う司書シリーズの一作目です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月16日

    ALI PROの主題歌がきっかけでアニメを見て、
    面白かったので原作も読む事にしました。
    アニメであらすじは知っているのですが、
    流石に全10巻となるとはしょられている部分もあるでしょうし、
    込み入った部分は音で台詞を聴くだけでは分かりづらい所があったので。
    内容は知っていても、楽しく読む事が出来ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月10日

    史上最強の人類…女性…それは、ハミュッツ・メセタという一人の女だった。 彼女は主人公にして、史上最悪で正義の味方「戦う詩書」である。

    自分を殺してくれる「自分より強い奴」と「戦闘」を好む。

    心溺教団との戦う詩書達の明けない戦いの火蓋が切って落とされた今、彼らはどう戦い、心溺教団にとらわれた「肉」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月03日

    戦う司書ですね.
    「ハミュッツ・メセタを殺せ」
    「ハミュッツ・メセタを殺せ」
    「ハミュッツ・メセタを殺せ」
    というわけで,死者の魂が本になる世界で
    記憶を奪われて胸に爆弾を埋め込まれた少年コリオ・トニス.
    彼の目的は,世界最強の武装司書ハミュッツ・メセタを殺すこと.
    そんな中偶然手に入れた本の少女に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月30日

    アニメから入ったので結末は知っているのですが、
    上手い具合に読ませてくれるなぁ、と感心しました。
    人が死ぬと『本』になる世界。
    遠い過去に亡くなった人の『本』を読むことで、その人の人生を
    追体験するというのは面白いな、と。
    そこに未来予知と恋愛を絡め、かつアクションを組み込んで
    纏めてしまうあたり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月04日

    死んだ人間の魂、記憶が『本』になる世界。
    某ネットショップでの特集で興味を持ち購入。久々のラノベ。
    少々言葉に稚拙な部分があるが、読みやすい。設定も面白いし、何よりハミュッツが格好良い。
    終章で思わずホロリ。ああ成る程、そういう繋がりだったのか、と前の方のページを開き直してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月11日

    久々ラノベを読んだけれど楽しめた。
    死んだら「本」になるこの世界では隠し事は出来ないなぁと読み終わってふと思った。興味深い世界。

    このレビューは参考になりましたか?

戦う司書と恋する爆弾 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社スーパーダッシュ文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

戦う司書と恋する爆弾 に関連する特集・キャンペーン