龍は微睡む

龍は微睡む

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

四龍島(スーロンとう)は、その名のとおりに『青龍(チンロン)』『白龍(バイロン)』『朱龍(チューロン)』『黒龍(ヘイロン)』と呼ばれる四人の主が統治する島。白龍市の後継者・マクシミリアンは、妾腹の生まれゆえに『半龍(ハンロン)』と呼ばれ、侮られていた。しかし、歓楽街『花路(ホワルー)』の頭・飛(フェイ)は、彼の瞳に常人とは違うものを感じる。二人が出会うとき、運命は鮮やかに輝きはじめる。疾風怒涛のカンフーアクション!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

龍は微睡む のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月21日

    敬愛する作家の一人、真堂樹の中でも一番好きなシリーズです。
    この人の文章は流れるようで美しい! 別シリーズのギャグものは、若干名残がある程度でかなり普通の言い回しだった記憶があるので、もしかするとこの人は文体とかその辺を自由に変えられるのではなかろうか。
    私が総受けは好きではないので飛お前…! とな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「龍は微睡む」で始まり、「龍は薫風を駆ける」で終わり。(と、思ったら続編が出た)
     レビューは薫風にまとめてます♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    四龍島シリーズ、第1巻(本編全25冊)
    中華な島の、激情溢れる物語。
    清廉な飛と、性悪の主人マクシミリアンの邂逅です。強く激しい想いに、心を攫われる心地がする珠玉の1冊です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    『あんたで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    四龍島シリーズの第一巻。花街の猛者たちを束ねる飛と、白龍市の主マクシミリアンの妖しい(笑)関係にどきどきします。全25巻完結で、現在は一年に一冊外伝が出てます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    長い長いシリーズの幕開けとなるこの一冊。
    色街・花路の頭である飛と、白龍の街を統べるマクシミリアンとの、精神面に置いての強烈な出会い。
    ただ一人の龍を戴くために走る飛。
    一気に、夢中になって読めてしまう1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    四龍島シリーズ第1巻。
    細腰&女装もできるというか、女装くらいしか人並以上にはできていない美形の飛(フェイ・推定17、18歳)は、白龍市(ばいろんし)の色街・花路(ほわるー)を仕切る猛者たちの頭(とう)。
    性悪ご主人様マクシミリアンとの記念すべき出会いの1冊。
    まだぎこちない二人、と思いきや、熱烈に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    四龍島の白龍市の新たな龍、マクシミリアンは先代の妾腹の子。
    しかし先代が亡くなり、新たな龍となった。しかし彼にはやる気はなく、周りからは「半龍」と呼ばれていた。
    しかし、現在白龍市を実質取り仕切る叔父も人望があるわけではなかった。
    花路では頭である飛たちは白龍につくかどうか様子を見ていた。
    そんなと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月16日

     一回、これ、最後まで読んでるんですけど……最後まで読んでからもう1回読んで、改めて、「あぁ」って思う部分がたくさんある。

     ぶっちゃけちゃうと、最後までこのじれったい関係のままなんですが、今まで「もうちょっとくっついてくれるかもしれない!」って期待しながら読んでたんだけど……。
    「あぁ、これは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています