花鬼幻燈

花鬼幻燈

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

帰鬼節(ききせつ)、恨(うら)みを残す魂魄(こんぱく)が灯火に浄(きよ)められ天へ帰る祭礼の頃。四龍島西里(スーロンとうさいり)に本土から阿片が上等な洋灯に仕込まれ持ち込まれた。同じ頃、白龍(バイロン)屋敷には伍家(ウーけ)から祭礼の招待状が届く。禁制の品の捜査と因縁ある伍家の招待に応じるべく本土へ乗り込むマクシミリアンと飛(フェイ)。歓待の宴の晩、伍家当主がよこしたのは、亡き母を思わせる銀糸の髪の幽鬼のような女だった。四龍島シリーズ待望の最新刊!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「花鬼幻燈」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2006年11月30日

一年に一度でる、四龍島シリーズの新刊。
あいかわらす、文章が超華麗。
読んでいるだけでうっとりします。
しかも、今回のテーマは「嫉妬」
最後に飛が言った台詞に、ドキュンときてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年11月15日

大好きな真堂作品の中でも1番大好きな四龍島シリーズ!
これは番外なんですが、もちろん全巻読んでます!
チャイナテイストのお話が好きな方は絶対たまりませんよ!!
すごくオススメです!一応BL小説に入れてますが、風味です。
愛というより執着という感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年06月30日

白龍に洋灯に隠して阿片が持ち込まれた。犯人を捜す飛たちだったが、そんな折白龍屋敷に伍家から帰鬼節の招待があり、マク&飛は本土へ。
そこでマクの夜の相手にと差し出されたのはマクに似た容貌の美しい女。ついに飛嫉妬!?
阿片の方の探索をしながらも気が気でない飛。
よくよく考えると今回マクは「何もしていない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,872

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!