花片戯曲
  • 値引き

花片戯曲

作者名 :
値引き価格 440円 (400円+税) 7月16日まで
通常価格 550円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

暑気に灼(や)かれる四龍島(スーロンとう)の夏。白龍(バイロン)屋敷で一緒に暮らしはじめた飛(フェイ)とマクシミリアンだったが、色街・花路(ホワルー)の束ね役で忙しい飛はなかなか屋敷に居着かず、それが不満なマクシミリアンは、飛に黙って夏の祭礼が近づく南里(なんり)に旅立つ。後を追いかける飛だったが、ふたりを待ち受けていたのは、気鬱(きうつ)にふさぐ南里主人の夏燐(シアリン)と、材木商を狙った連続火付け騒ぎだった。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

花片戯曲 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    飛が寄り付かない寂しさにマクマクがイジけて飛び出した(違)先の朱龍では、色々な問題が起きていて…!
    と、ちょっとフザけたレビューでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    番外編。朱龍へ向かったマク。慌てて追いかける飛。朱龍では龍が気鬱の病の様子。気に入りの侍女にべったりの朱龍を見かねた三夫人がマクを呼んだ。その頃朱龍の木材商がたびたび火付けに遭っており、その場で決まって目撃されていたのが声のいい役者と数ヶ月前に雇われた女だった。
    捕らえられていた役者の男を取り逃がし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています