BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”

作者名 :
通常価格 1,676円 (1,524円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ノー・ランニング、ノー・ライフ!この冒険は、ランナー誰もが抱くひとつの疑問から始まった──なぜ僕の脚は走ると痛むのか? 真実のランを目指すウルトラランナーたちは、やがて、メキシコの秘境をサンダルだけで一昼夜走り続けるタラウマラ族と邂逅する! 人類は、走るために生きている──いや、生きるために走っている!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
NHK出版
ページ数
416ページ
電子版発売日
2011年02月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族” のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    アメリカ人がタラウマ族と出会い、山を走る。それだけなんだけど、数年前に読んだこの本の影響は未だに大きいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    読んでる途中に、走りにいきたくなるぐらい面白い本だ。実際走りにいった。
    ただ純粋に走ることを愛している超個性的な登場人物達の思想、食べ物、走法、変態度が書かれていて最初は、旅の話ばかりだったが、すぐに面白くなってきて飽きなく読めた。
    レースシーンもよかった。読んでると、自分もレースにでたくなるぐらい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    ご多分に漏れず影響を受け、ワラーチも履いた。レースシーンはワクワクする。これ読んだ時は50マイルのトレイルレースは出たことがなく、憧れが膨らんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    謎の男 カバーヨ・ブランコ を探すランナーの話
    人類は長距離を走るために進化したのではないか と説く男の話
    世界最高のウルトラランナーVS走る民族のレース
    アベベ、小出監督から誰も知らない史上最強のランナーまで登場する、とっても面白いマラソン史に残る名著。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    面白い!!人類は走るために生まれ、走るために進化してきた。人類は地球上で最も走れる動物なんだ、と。そしてまた、登場人物がみんな楽しそうに走るんだ。これが。走るモチベーションがとてつもなくアガります。そして、裸足で走りたくなります。(最近流行りのベアフットランニングですね)走る人には完全にオススメです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月21日

    人間は持久走で狩猟していた。長く走るには、熱を逃がすこと(全身で汗を掻く、毛が生えてない)、足の動きよりも早く呼吸ができること(前足と後ろ足で走る動物は、一回のストロークで一度しか呼吸できないが、人間はピッチと呼吸頻度が独立している、と。なるほどー!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月01日

    本書は、ランナーのバイブルと言われる一冊である。
    自身もランナーである著者が、速く走ることを追い求めて”走る民族”と言われるタラウマラ族に行きつく。ノンフィクション。

    本書の構成は以下の3本が入り混じり、1本の話を作っている。
    1.タラウマラ族への接近、謎の追求
    2.最新のランニングシューズが人体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    ジムで走ろうかと思って読んでみた。この本を読んだらすごく走りたくなる、モチベーションアップにすごくいい本。人類はどこまで走れるのか?に挑戦しているウルトラランナー達の攻防が熱い。あとクッション効いた靴が逆に足を痛めるとか、知らなかった情報も入っている。トレイルランとか良いよね。全然走れないけど、憧れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月29日

    引用したいところは無数にあるが、あとがきにあった伝説のトレイルランナー、カバーヨ・ブランコの台詞が一番だと思う。

    「走ることは人にモノを買わせるのが目的じゃない。
    走ることは自由でなきゃいけないのさ!」

    特に、メディア、シューズ&アパレルメーカー、レース主催者、etc…に煽られ、走らされているよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月06日

    ランナー及び登山者必読の書。
    2010年の本なので、今や常識になっていることも多いけど、出版された当時は衝撃だったんだろうと。
    ウルトラトレイルを走る気はさすがに無いですが、この本を読んでトレランのモチベーションは格段にあがりましたし、意識することで走りも良くなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング