千葉周作(1)

千葉周作(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

陸前花山村の於菟(周作)は腕は立つが短気者。誤って近くの荒尾道場に押しかけた末、兄春太郎を谷に落とし妹奈々江を犯してしまった。故郷を出奔した周作は、江戸の一刀流道場浅利又七郎の門をくぐったが、美少女・綾の剣に己が未熟さを思い知らされる。恋の恨みの狂気にもまきこまれ、剣難女難の毎日。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
山岡荘八歴史文庫
ページ数
310ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
1987年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

千葉周作(1) のユーザーレビュー

レビューがありません。

千葉周作 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 千葉周作(1)
    605円(税込)
    陸前花山村の於菟(周作)は腕は立つが短気者。誤って近くの荒尾道場に押しかけた末、兄春太郎を谷に落とし妹奈々江を犯してしまった。故郷を出奔した周作は、江戸の一刀流道場浅利又七郎の門をくぐったが、美少女・綾の剣に己が未熟さを思い知らされる。恋の恨みの狂気にもまきこまれ、剣難女難の毎日。
  • 千葉周作(2)
    605円(税込)
    名人・高柳又四郎の“音無しの剣”を破った周作に、ようやく剣の神髄が見えてきた。水戸の世子・斉昭を狙う隠密・音次郎を鬼道から救ったのも彼の活人剣。辰巳芸者・お蔦や荒尾春太郎らの暖かい友情、そして浅利又七郎の養女である美しくしとやかな綾の愛にも恵まれ、周作は新たなる修行への旅を志す。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています