織田信長(1) 無門三略の巻
  • 値引き

織田信長(1) 無門三略の巻

作者名 :
値引き価格 462円 (420円+税) 8月20日まで
通常価格 660円 (税込)
紙の本 [参考] 840円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う"うつけ者"。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
山岡荘八歴史文庫
電子版発売日
2015年06月05日
紙の本の発売
1987年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

織田信長(1) 無門三略の巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月04日

    信長、カッコいい!!
    とにかくページを繰る手が止まらなくて5巻の長さを感じさせません。会話が多いのでテンポがいい。おもしろかったです。

    信長はうつけ者と言われて、規格外の発想で戦国の世を躍動していきます。そして山岡荘八が描く信長は平和主義者でもある。自身が天下を取ることで、戦の世を終わらせようとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月06日

    高校生の時に父に薦められて読みました。私が読んだものは上下2段になっていたのでけっこう時間がかかりましたがおもしろかったのでそんなに大変ではありませんでした。たんなる歴史物ではなく濃姫からみた信長がかかれているので女性は楽しく読めるのではないかと思います。この本で山岡荘八を知り好きになりました。とに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月03日

    『史実を多く盛り込んだ作品』という事なので読み始めました。

    『小説』という形である限り、
    山岡氏の『創作&想像』の部分もあると思いますが、、、。
    とにかく、今まであまり興味の無かった『織田信長』ですが、
    なんとも興味深い!!

    今までの僕の『信長殿に対するイメージ』を見事にひっくり返されました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月21日

    戦国の時代に現れた英雄・織田信長の一生を綴った物語です。
    一巻では蝮と称された斉藤道三の娘、濃姫との縁談から、一国の主となり斉藤義龍との合戦までが描かれています。

    当時誰も持っていなかった大局的な視点と、権謀術に富んだ信長がすがすがしく描かれています。彼の織り成す計略の真相を知る毎に、膝を叩かずに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    乱世に反発するために右を向けと言われたら左を向き、
    左を向けと言われたら右を向く風雲児織田信長と、
    心強い味方の肉食系女子(おなご)濃姫の話。

    戦後の教育を受けた人間は、度々出てくる
    勤皇思想に違和感を覚える事もあるだろうが、
    とにかく信長が格好よく描かれており、
    全5巻飽きが無く、一気に読めてし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    信長は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う。
    “うつけ者”だが、燕雀(えんじゃく)いずくんぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らん。
    手始めは尾張織田の統一。
    美濃の梟雄(きょうゆう)斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、
    アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。
    戦国の世に彗星のごとく出現し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月09日

    全5巻。

    山岡先生で一番好き。
    最初に読むのもおすすめ。

    もうね。
    止らないのです。
    涙が。
    電車の中で。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    信長が好きで好きで大好きで。
    中学の頃に、満足なお小遣いもなかったけれども、ちょっとした小金を貯め込んで購入したものです。
    五冊セットでだいぶお安くなってはいたけど、結構高い買い物でした。当時の自分にとっては。
    ラストもかなりお気に入り。信長と帰蝶は仲良くしていればいいと思うよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月25日

    歴史に嵌るきっかけとなった本です。他にも読みましたが、信長は山岡版が一番です!泣いた。
    帰蝶とのやり取りや関係がとりわけ好きです。最後のシーンの、帰蝶がじっと信長を見ているところがすき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う“うつけ者”。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

    このレビューは参考になりましたか?

織田信長 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 織田信長(1) 無門三略の巻
    値引き
    吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う"うつけ者"。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。
  • 織田信長(2) 桶狭間の巻
    値引き
    天下を狙う駿府の今川義元は、遂に総力をあげて美々しく上洛の旅についた。尾張など眼中にない。抵抗すればもみ潰せ。屈服か、滅亡覚悟の抗戦か。信長は秘策を胸に動じない。だが義元が桶狭間に入ったと聞くや、者ども続け、と飛び出した。折から暴風雨襲来。天は、革命児・信長に味方した。
  • 織田信長(3) 侵略怒涛の巻
    値引き
    今川義元を討った信長の武名は、いちやく天下に轟いたが、諸国はまだ彼の天下統一の野望までは知らない。三河の松平元康(徳川家康)と同盟を結んだ信長は、戦国武将として始めて入洛。堺では大量の鉄砲を仕入れ、次なる敵への配備を固めた。それは美濃稲葉山の斎藤龍興。不落を誇るこの城の攻略法は?
  • 織田信長(4) 天下布武の巻
    値引き
    朝倉義景攻めで越前に入った織田・徳川連合軍の背後で、浅井長政が叛いた。妹婿を信じた不覚。生命からがら京へ戻った信長は、ついに叡山の焼打ち、皆殺しに踏みきった。これが武田信玄の上洛を促す。その途上での信玄の突然の死。四面楚歌の中で雄叫びを続けていた信長は救われた。次は長政を討つ!
  • 織田信長(5) 本能寺の巻
    値引き
    信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちでは仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが──明智光秀、本能寺に主君を弑する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています