小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団

小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

藤子・F・不二雄の名作を瀬名秀明が小説化。

藤子・F・不二雄先生の不朽の名作漫画『大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団』を、作家の瀬名秀明氏が小説化! 
子どものころから大のドラえもんファンである瀬名秀明が描く、繊細で愛情あふれる本書。
漫画のコマとコマの間に流れるのび太たちの切ない心情を描いていきます。
解説は、同じくドラえもんファンの作家・辻村深月氏による書き下ろし。

※この作品は単行本版『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』として配信されていた作品の文庫本版です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2022年03月04日
紙の本の発売
2022年03月
サイズ(目安)
1MB

小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月24日

    泣いてしまった、子供の頃に何度も見返して全部知っているはずなのに。
    小説版のオリジナルの部分もさることながら、元々の映画自体にあった場面にすら自分が昔見たドラえもんには見つけられなかったことがたくさんあって、夢中になって最後まで読んでしまった。
    頭の中ではアニメのドラえもんが自然に動いていて、セリフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月09日

    辻村深月さんの月面探索記を読んだ後なので
    その違いに驚き
    なんて重々しい、不安感が漂うドラえもんだろうか

    鉄人兵団の襲撃前夜ののび太たちの各々の不安や怖さをものすごく感じた
    まるで子ども向けじゃない
    戦い、疲弊していく描写なんて、戦争をリアルに描いているようで読んでいて苦しかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月28日

    各キャラの心理描写などが丁寧に描かれており、特にのび太くん達が冒険している間、みんなの家族がどれ程不安な日々を送っているかをしっかり書き込んでいる点が、本著の特筆すべき点だと思う。

    原作には出てこないキャラクターを上手く絡め、それでいて原作の良さを失っていない。

    個人的にドラえもん達の雰囲気が原...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング